カテゴリータイトル画像

展示替え休館と次回展覧会

 

小国にも春の訪れです。冬の間小さく閉ざしていた玄関の扉を、広く開け放ちました。みなさんどうぞ春の小国にお越しください。
***
「善三先生のお洒落な手仕事〜水彩・素描の魅力〜」は、3月4日(日)までの開催です。
3月5日(月)〜8日(木)は展示替え休館となりますので、よろしくお願いいたします。
次回展覧会「木にまつわるエトセトラ」が3月9日(金)から始まります。5月13日までです。

くまもと県民文化賞表彰式

2月15日、熊本県庁において、第28回くまもと県民文化賞の表彰式があり、坂本善三美術館友の会を含む5名2団体に賞状と楯が授与されました。

 

 

友の会からは、世話人を代表して、藤崎清高さん、禿以喜生さんが出席されました。
平成18年に発足した当館友の会は、講演会やコンサートの開催、善三先生の作品の寄贈など、善三美術館に対して文字通り物心両面から支援活動を続けてこられました。
審査に臨席された方々からは、「どこでもできることではない、地域に根差した素晴らしい活動としてとても評価が發った」と伺いました。

 


「善三先生の美術館を自分たちの手で守り伝えていきたい」という会員の皆さんの思いがこのような形で評価されたことを、美術館としても本当にうれしく思っています。

 


皆さんの活動に深く敬意を表すとともに、これまでのご支援に厚く御礼申し上げます。
友の会の皆さま、受賞おめでとうございます。

「小国旅カルタ」展示中

 

「ワタリドリ計画」(画家の麻生知子、武内明子のユニット)が2012年の展覧会を機に小国を旅して作った「小国旅カルタ」。小国の道の駅ゆうステーションでの展示から戻ってきて、2月3日から当館町民ギャラリーに一部を展示しております。

 

 

 

カルタの内容が示された小国のマップもあります。

小国めぐりの参考にしてみてください。

 

町民ギャラリーは入場無料スペースです。

友の会が「くまもと県民文化賞」受賞

祝!うれしいお知らせです。

坂本善三美術館友の会が、第28回くまもと県民文化賞を受賞されました!

 

平成18年に発足した坂本善三美術館友の会は、これまでに当館でミュージアムコンサートや講演会の開催のほか、善三作品を購入して美術館に寄贈するなど、地域に根ざした積極的な活動を続けてこられました。昨年度は美術館と共同で展覧会を作り上げるなど、新たな活動も生まれています。

坂本善三美術館友の会のメンバーの多くは町民の皆さん。それ以外にも、善三先生に関わりのある方々や当館を応援してくださる皆さんが多数入会されています。このような皆さんに支えられて善三美術館があることを、改めてありがたいことだと深く感謝申し上げます。
それと同時に、みなさんの地道な活動が地域の文化を守る活動として高く評価されたことを、本当にうれしく思っています。
友の会のみなさま、受賞おめでとうございます!

2/15に県庁で表彰式が行われる予定です。その模様もまた改めてご報告します。

小国観光ポスター展

町民ギャラリーにて、「小国観光ポスター展ー四季折々の風景ー」が始まりました。

 



小国町の新たな魅力を発掘し発信しようと、7年前から開催されている「おぐにフォトコンテスト」。このコンテストに寄せられた応募作品の中から、素敵な風景がポスターになりました。杖立温泉の春の風物詩・こいのぼりの川流れや、裏にまわりこめることで人気の鍋ケ滝、丘の上に立つ前原の一本桜、夕暮れの田園風景など、今回は16点のポスターを展示しています。

 


なお、ポスターはお好みのものをお持ち帰りいただけます。

ぜひポスターを貼って小国の観光をPRして頂けたらと思います。

 

町民ギャラリーは入場無料スペースです。