カテゴリータイトル画像

「こんな解釈、ありなんだ!」

坂本善三美術館コレクション・リーディングvol.2、藤浩志と小国び塾が作る善三展「こんな解釈、ありなんだ!」がはじまっています。

 

ゲストプロデューサーに美術家・藤浩志を迎えた今回の展覧会は、プロジェクトメンバーを募集することから始まりました。集まったのが「小国び塾」メンバー9組12人。それぞれに約3か月、日々の暮らしの中でアートプロジェクトに取り組み、その成果を善三作品と一緒に展示しています。

 

7月2日からメンバーを集めた塾を3回行い、ブログで各自の報告を重ねて作りあげた展覧会。展示完了までその全貌は誰にもわかりませんでした。9月16日の公開展示作業では、ひとつ、またひとつと壁が整うごとにメンバーから歓声が上がり、展示室の空気がより濃密に変化していきました。

 

 

 

...

坂本善三の作品を塾生それぞれが解釈をして形にした展覧会。
より身近な視点、いつもとは違った視点から作品を観ていただけるかもしれません。

展覧会は11月26日(日)までです。

 

 

******

 「プロジェクトデー」
 9月30日(土)10月29日(日)10時〜15時
小国び塾メンバーによるギャラリートークやパフォーマンス、プロジェクト体験、学芸員によるギャラリートークなどを行います。詳細はFB、当館HP、小国び塾ブログでお知らせします。

「んまつーポス」がやってくる!9月23日!

昨年秋、震災復興支援で子供達のためにと小国町に来てくれた、宮崎のダンスユニット「んまつーポス」。昨年は子供たちとのワークショップや美術館での公演を行い、子どもから大人までを魅了、絶大なる人気を博しました。日本各地や海外で活動している「んまつーポス」の三人が、今年もやってきます。ぜひ、お越しください。

 

日時:2017年9月23日(土)午後2時から

会場:坂本善三美術館

出演:んまつーポス

主催:坂本善三美術館友の会

協力:Teamんまつーポス/NPO法MIYAZAKI C-DANCE CENTER/宮崎大学教育学部(高橋るみ子)

※観覧には入館料が必要です

 

 

以下、昨年の様子です。

 

小学4年生(昨年)たちとダンス!

 

 


館内や、美術館の前庭でパフォーマンス

 

 

お隣の神社でも

 

 

 

大好評でした!

 

 

 

「こんな解釈、ありなんだ!」始まります

藤浩志と小国び塾が作る善三展「こんな解釈、ありなんだ!」が今週末9月16日(土)よりいよいよ始まります。

ふたを開けてみるまでわからない、ワクワクとドキドキの中、初日が迫っていますが、その初日9月16日(土)は、藤さんと小国び塾メンバーによる展示作業および公開プレゼンテーションを行います。

 

そのため、この日は展示が完成していませんので、完成した展示をご覧になりたい方は17日以降の観覧をお勧めいたします。

 

塾生フィルターを通すと、善三作品が普段とはひと味違って見えるかもしれません。「こんな解釈、ありなんだ!」と、つぶやきにいらっしゃってください。

展示替え休館のお知らせ

7月から開催してきました「坂本善三が遺したもの」は9月13日までで終了いたします。

9月14日(木)〜9月15日(金)は展示替えのため、休館とさせて頂きます。何卒よろしくお願い致します。

 

9月16日(土)から「こんな解釈、ありなんだ!」が始まります。

 

今回の展覧会に合わせ、ゲストに美術家の藤浩志さんをゲストに迎え「小国び塾」を立ち上げました。

約3か月にわたって塾生がそれぞれのプロジェクトに取り組んできた成果を、坂本善三の作品とともに展示します。

各塾生の経験や生活と密接にかかわりながら、善三作品と思わぬ形で結びつき、個人の毎日の暮らしの中にこそアートの種があるのだということを見せてくれます。

どうぞ「こんな解釈、ありなんだ!」とつぶやきながらご覧ください。

 

展覧会は11月26日までの開催です。

美術コース 染色教室 

9月2日(土)すっかり高くなった青空のもと、今月も染色教室を開講しました。

いつの間にか来月一回を残すのみとなった教室。回を増すごとに皆さん仲良く、和気あいあいとあたたかな空気です。

名残惜しい気持ちでスタートしました。

 

本日の内容は“媒染”と部分的な“重ね染め”。

 

今回はアルミ媒染。

ミョウバンを溶かした液を刷毛で全体に塗布すると、発色がよくなり、色止めの役割もあります。

それから、前回の染料3色(茜・胡桃・ウコン)をさらに煮詰めて濃くしたものを、小さい刷毛で模様に彩色。
時間があればちょっとやってみるくらいのつもりでしたが、皆さんはまって染めて、お茶飲みもそこそこにあっという間に終わりの時間。

 

始まりは、二種の生地、三種の型、三種の色だったはずなのに、どれも個性の光る全く違う作品に仕上がってきているから不思議です。

 

次回はいよいよ最終回。
10月14日(土)場所をくぬぎの森(小国町西里)に移し、薪で火を焚いて作品を蒸し、小川で水元(洗う)を予定しています。

ご期待ください。