カテゴリータイトル画像

展示替え休館のお知らせ

1月16日(月)〜1月19日(木) 展示替え休館

 

11月から開催してきました「小国お宝博覧会」は明日1月15日(日)までで終了いたします。

1月16日(月)〜11月19日(木)は展示替えのため、休館とさせて頂きます。

何卒よろしくお願い致します。

 

 

1月20日(金)から「墨と黒 日本の黒が伝えるもの」が始まります。

「西洋の黒には物と量感を感じ、日本の黒には心を感じる」と語った坂本善三の黒の秘密に迫ります。
3月12日(日)までの開催です。

藤浩志さんトーク盛況でした

 

1月7日(土)、「小国お宝博覧会 記念講演会 コレクション・リーディングを語る」と題し、現代美術家で秋田公立美術大学教授の藤浩志さんのトークが開催されました。(主催:坂本善三美術館友の会、坂本善三美術館)

 

 

1月15日(日)まで開催中の展覧会「小国お宝博覧会」について、そして来年の藤さんが企画にかかわる展覧会について、語ってくださいました。新年早々のタイミングにも関わらず、町内外から多くの方がご来館くださいました。

 

 

講演会といっても藤さんが一方的に語るという形式ではありませんでした。展示しているお宝を出品している方々にマイクを渡してお話を引き出し、当館学芸員山下にも企画意図を語らせて、藤さんご自身はマイクを持たない時間も多かったのですが、私たちスタッフもなかなか言葉にできないこの展覧会の魅力のあれこれを、参加のみなさんの前でクローズアップして、わかりやすい言葉で伝えてくださいました。

 

***

 

そして、来年度藤さんに関わって頂く展覧会のプロジェクトについて、藤さんのアイデアをご紹介頂きました。藤さんと一緒に、いつもの日常を少し超えて、自分の好きなことを自分で掘ってみるアートプロジェクト!プロジェクトの参加者を募集します。その詳細は後日発表します。お楽しみに!

 

 

 

 

年末年始スケジュール

 

年末は12月28日(水)まで開館、年始は1月4日(水)から開館致します。

12月29日(木)から1月3日(火)まで休館となります。

なにとぞよろしくお願いいたします。

久留米市美術館に「作品82」

 

善三作品の代表作のひとつ、「作品82」は、久留米市美術館(旧石橋美術館)の展覧会「2016ふたたび久留米からはじまる。九州洋画」にて現在展示されています。ふだんは当館本館奥の間で目になじんでいる作品です。私たちが通称「格子」と呼んで親しんでいる作品が、よその空間でどのような雰囲気をまとっているのか。1月22日(日)まで。ぜひみなさんもお出かけください。

 

http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/

藤浩志さんのトーク開催1月7日(土)13:30

いよいよ今年もあと2週間。

今年の総括をするにはちょっと早いですが、善三美術館は、今年も怒涛のように駆け抜けた一年でした。

4月の地震に始まり、ズベさんの展覧会、お宝博覧会など、町民の皆さんはもちろん来館者の皆さんの大きな支えとご協力を強く感じた年でした。本当にありがとうございました。

 

さて、今年を振り返ったところで来年のお知らせをいたします。

現在開催中の「小国お宝博覧会」の関連企画として、藤浩志さんのトークを開催します。

小国お宝博覧会は、善三美術館の新企画「コレクション・リーディング」の第1回目として開催していますが、第2回目のゲストとして来年度お招きする藤浩志さんに、今回の展覧会や来年度のプロジェクトについて語っていただきます。

全国各地で常に様々なプロジェクトを手掛けておられる藤さんが、お宝展を見てどう思われるのか、来年果たしてどんなことが起こるのか、今からとても楽しみです。

 

来年度当館で開催する藤さんのプロジェクトは、「アートに濃くかかわりたい!」という参加者を募集する予定です。

藤さんと一緒にどっぷりアートに浸かってみたいと思う方は、ぜひ今回のトーク聞いてみてください。

「どっぷり浸かってみたい」とは思っていない方でも、聞いたら浸からずにはいられなくなるかもしれません。

新年早々、必聴です。来年のスケジュール帳にご記入ください。

 

■お宝博覧会関連企画「コレクションリーディングを語る」

■ゲスト:藤浩志(秋田公立芸術大学教授 現代美術家)

■日時:2017年1月7日(土)午後1時30分から

■場所:坂本善三美術館展示棟

 ※参加には入館料が必要です。

 

   

 

 

   

友の会総会とコンサート

 

12月17日(土)、第10回坂本善三美術館友の会総会が開催され、この一年間の友の会の活動が報告されました。

 

***

 

総会のあと、友の会主催によるミュージアムコンサート「和の音〜日本のオトとワ〜」でご参加のみなさまにお楽しみいただきました。

 

出演は「杵の会一門」のみなさん。

三味線:杵屋俊之、秋吉キリヨ

唄語り:石松リエ

踊り:野田ハスエ
 

 

 

 

開催中の展覧会「小国お宝博覧会」に出品中のお宝の屏風を背に、歌や三味線、絵本の“唄語り”、踊りが繰り広げられました。

会場は、ひとあし早いお正月が来たようなにぎやかでおめでたい雰囲気に。

 

 

 

ご来館くださったみなさま、ご出演の杵の会一門のみなさま、主催の坂本善三美術館友の会のみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

17日(土)ミュージアムコンサート

 

12月17日(土)午後2時30分から、坂本善三美術館展示棟でミュージアムコンサート「和の音〜日本のオトとワ(音と話)」を開催します。(主催:坂本善三美術館友の会)

※記事の写真はすべて過去のコンサートの様子です

 

 

コンサートは「和の音〜日本のオトとワ(音と話)」と題し、三味線と歌で、日本の音楽とお話をお届けします。大人から子どもまでお楽しみいただける内容となっております。

 

 

当日は坂本善三美術館友の会総会があり、その後コンサートの予定となっております。

コンサートは一般の方もお楽しみいただけます。コンサート鑑賞は無料ですが、美術館入館料が必要です。

 

***12月17日(土)のスケジュール***

 

午後1時30分〜 坂本善三美術館友の会総会

午後2時30分〜 ミュージアムコンサート

 

*********************

 

 

 

会場となる展示室では、現在小国町民のみなさんのお宝をお預かりした展覧会「小国お宝博覧会」も開催しています。この展覧会は1月15日まで、会期はあと1か月ほどです。この機会にあわせてどうぞご覧ください。

 

 

ゆうステーションにワタリドリカルタ展示

 

小国町の道の駅「ゆうステーション」2階に、「ワタリドリ計画」(画家の麻生知子、武内明子のユニット)制作の「小国旅カルタ」原画を展示しています。1月末までです。

 

 

 

これは、2012年にワタリドリ計画の二人が小国町を旅して作った「あ」から「ん」までの読み札と絵札の原画です。その後、商品化して本物のカルタにもなりました。

 

 

 

商品のカルタには地名などよみがながついています。

 

 

 

 

展示会場の畳スペースに見本カルタも置きました。

手に取ってご覧いただけます。

 

 

 

ひとつ1500円で、ゆうステーション、坂本善三美術館にて販売中です。

小国のおみやげや、ふるさとを懐かしむ方へのプレゼントに、ぜひどうぞ。

 

小国町観光PRポスター配布します

「小国町観光PRポスター展」を、入館無料スペースの「町民ギャラリー」にて1月9日(月・祝)まで開催しています。

2012年から2015年までの「おぐにフォトコンテスト」応募作品から優秀な作品13点をポスターにしたものを展示しています。どれも小国の雄大な自然や季節の風景、趣ある町並みを撮影したものです。

 


この展示中のポスターと同じものを、枚数限定で本日から当館で配布しています。13点の作品のポスターが、計100枚あります。
ご自由にお持ち帰り頂けますので、お気に入りの一枚を選びにぜひお越しください。なくなり次第、配布は終了します。

 

 

 

ズベさんGOプレゼント当選者決定

 

9月から10月まで開催した藤本瞰展覧会「小国収穫祭」。終了からはや半月たちました。町内各地に点在するズべさん作品を巡って、撮影した写真を送って頂いた方の中から抽選で1名様にズべさん作品をプレゼント、という取り組みがあり(「ズベさんGO」)、その抽選を行いました。
厳正なる抽選の結果、応募のみなさんの中からご家族で小国を訪問され写真を投稿してくださった県内在住の方に当選が決まりました。おめでとうございます。ご本人に連絡のうえ、作品は本日発送致しました。ご応募くださったみなさん、ありがとうございました。