カテゴリータイトル画像

ジャズと落語のコンサート報告

 

12月16日(土)、坂本善三美術館友の会総会に先立ち、友の会主催のミュージアムコンサート「和洋折衷ージャズと落語と。」が開催されました。

 

前半はピアノ(高橋聡さん)とボーカル(石松リエさん)によるジャズ演奏。冬の唱歌や映画音楽、クリスマスソングなどで盛り上がりました。途中、子ども向けにサンタさんの絵本の読み聞かせもありました。

 

 

 

 

後半は舞台を整えて、落語!八十八サチヲさんが登壇しました。キーボードのBGMつきでの語りです。

 

 

 

江戸の大工さんがお引越しして柱にくぎを打ちつける…という話に、子どもも大人も大笑いでした。子どもたちも「落語って、こんなにおもしろいと思わんかった〜」と感想を聞かせてくれました。

 

ご参加のみなさん、寒い中お集まりいただきありがとうございました。ご出演の高橋聡さん、石松リエさん、八十八サチヲさん、そして主催の友の会のみなさん、楽しいコンサートをありがとうございました。

なお、このあと坂本善三美術館友の会総会が開催されました。

 

ジャズと落語のコンサート

12月16日(土)午後2時から、坂本善三美術館友の会によるミュージアムコンサートを開催します。

ジャズの歌とピアノの演奏の後、落語もお楽しみいただけるコンサートです。

 

(写真は昨年のコンサートの様子です)

 

 

「和洋折衷ージャズと落語と。」

 

と き:12月16日(土)午後2時から
ところ:坂本善三美術館展示棟
出 演:ピアノ 高橋聡、歌 石松リエ、落語 八十八サチヲ
主 催:坂本善三美術館友の会
※参加は無料ですが、入館料が必要です

 

*****

 

12月から開催中の展覧会「善三先生のお洒落な手仕事ー水彩・素描の魅力」会場での開催となります。コンサートとともに始まったばかりの展覧会もお楽しみください。

また、コンサート終了後、坂本善三友の会総会を開催します。会員のみなさまのご参加をお待ちいたしております。

吉村形展 クロージングトーク

12月3日(日)吉村形展最終日、櫟の森美術館にて形さんと善三美術館学芸員によるクロージングトークが行われました。
8月からの滞在制作に始まり10月からの展覧会と、約4か月にわたる「くぬぎの森寄生計画」が幕を閉じました。

晴天に恵まれ、小春日和のような暖かさに恵まれたこの日、集まられた皆さんとともに、まずは形さん案内のもと、森を歩きました。ポスターを撮影した頃は視界全てが緑だった森も、すっかり葉を落とし、ふかふかの地面に。


「終わりの始まり」と名付けた石の作品までたどり着くと、先回りしていた子どもたちがすっかり遊び場にしていました。この期間中に森での楽しみを最も知り尽くしたのは彼らかもしれません。

 

*****

 

 

後半はちょうど焼きあがった焼き芋を食べながら、形さんと学芸員山下によるトーク。形さんと小国町、画家であるお父様と櫟の森美術館、善三美術館とのこと、森と制作について、そしてこれからのこと・・。


お客様からも貴重なお話をいただき、身も心も温まる親密なトークとなりました。

 

*****

 

展覧会は終わりを迎えましたが、形さんの森での制作はこれからも続きます。そして、くぬぎの森でやってみたいことやその可能性はまだまだ尽きません。「終わりの始まり」と形さんが作品に名付けたように、この日がまさに始まりのように思えます。今後の形さんとくぬぎの森にどうぞご期待ください。

「善三先生のお洒落な手仕事」展

展覧会「こんな解釈、ありなんだ!」は11月26日に終了し、12月1日(金)から新しい展覧会「善三先生のお洒落な手仕事ー水彩・素描の魅力ー」がはじまりました。

 

 

「こんな解釈…」でにぎやかだった展示棟も、すっかりいつもの落ち着いた雰囲気に。

 

 

以下、展示目録より。

「水彩や素描の魅力は、何度も塗り重ねて制作される油絵と違って、画家の息遣いが直接感じられるような一度限りの手の動きによって形が生み出されている潔さにあります。

 坂本善三は、油彩、水彩、リトグラフィなど様々な技法を手掛けていますが、いずれもその媒体の特性をよく理解し、それを生かした表現をしているところが特徴です。水彩や素描に見られる迷いのない筆遣いは、見ている私たちの心をくすぐります。

 そしてその迷いのなさを支えているのが、坂本善三のセンスです。媒体に応じて、発表の場に応じて、そこにぴったりの表現を生み出す感覚は、熟慮の末に出てくるものというよりも、感覚的につかみ取ったものと言えるでしょう。

 「境地では描かない」と言い切っていた坂本善三なので、オシャレなものをセンスをたよりに描こうとしていたわけではないはずですが、絵画作品をあえて「お洒落」というキーワードで語ることによって、自分の目線で、自分の基準で絵を見る手掛かりになるのではないかと思います。「この絵が見合う壁はどんな部屋だろう」「この絵のグッズがほしい」など、生活の中でアートを楽しむように、気持ちを軽くして、自分と気の合う作品を探すつもりで作品に触れていただければ幸いです。」

 

どうぞ、足をお運びください。

 

毎週月曜休館です。

年末は12月28日(木)まで開館、29日から1月3日まで休館、年明けは1月4日から開館します。

 

 

吉村形展くぬぎの森トーク

12月3日(日)、くぬぎの森(小国町西里、櫟の森美術館)にて、展覧会「吉村形展ーくぬぎの森寄生計画」のトークイベントを開催します。

 

******

 

とき:12月3日午後2時から

ところ:くぬぎの森(小国町西里、櫟の森美術館 電話0967-46-5682)

語り:吉村形 / 山下弘子(坂本善三美術館学芸員)

参加無料

 

12月3日まで開催の展覧会「吉村形展ーくぬぎの森寄生計画」について、アーティスト吉村形と、当館学芸員山下が今回の展覧会について語りあいます。8月に滞在制作が始まり、10月1日からスタートした展覧会は、12月3日いよいよ最終日となります。展覧会の最終日、この展覧会会場となったくぬぎの森に多くの方々をお迎えしたいと思います。森のおやつも用意しています。この機会に大人も子どもも、森に遊びに行きませんか?

 

 

参加は無料です。直接「櫟の森美術館」へお越しください。

冬の森を楽しみたいと思いますので、暖かい服装でお越しください。

 

お問い合わせは坂本善三美術館(0967-46-5732)まで。