カテゴリータイトル画像

柿渋座、参加連絡お待ちしてます

 

「柿渋座」、まずは、このhttps://kakishibuza.com/サイトをよくご覧いただいて、参加しようかな?と思ったら、ぜひ参加表明ください。
***
みんなで美術館の板壁を塗るプロジェクト「柿渋座」、6月17日(日)からスタートします。このプロジェクトは参加無料で、計5回の活動日を予定しています。一回だけの参加でもいいし全回参加でもいい、自由参加スタイルです。6月17日(日)は、作業服を染めます。
***
「何人来るつもりで…用意したらいいのかな?」ということが今の時点で全然予想がつかないので、もし「行こうかな?」「行くかも?」という方がいらっしゃったら、当館までご連絡いただけると助かります。電話0967(46)5732、メールsakamotozenzo@gmail.com、もしくはフェイスブック上でのメッセージ、興味あり、など。とりいそぎ、6月17日(日)についての参加のおおよその人数を把握できたらなと思っています。よろしくお願いします。

 

6月17日(日)について

https://www.facebook.com/events/1877662482285582/

 

柿渋座サイト

https://kakishibuza.com/

ファミリーコース開講

5月26日(土)今年もファミリーコースが始まりました。
去年に引き続き、美術家の藤原雅哉さんを講師に招いての初回です。

 

 

「新!びっくり箱ドン」と題された今回は、ビニール袋をつなげたドラゴンをみんなで作ります。

 

 

 

カラーセロハンやスズランテープ、マジックで色とりどりに飾りつけたながーいドラゴンが完成!

 

 

扇風機で空気を吹き込むと、子どもたちが走り出し、飛び跳ねて、いつもは静かな美術館の庭があっという間ににぎやかな場所になりました。

 

 

 

 

次回は6月26日(土)と30日(土)の二回に分かれて、「オリジナルTシャツ作り」です。お楽しみに!

美術コース開講

5月は当館で様々な教室が始まる月です。
12日(土)は、美術コース初回の日でした。

 

 

定員10名のところ、応募多数につき15名で始まった今年の教室。3年目の染めコースです。引き続き美術館スタッフ杉が担当いたします。

一年目の筒描き、二年目の型染めと進んできたこの教室。今年は別プロジェクトの「柿渋座(柿渋を作ったり壁に塗ったりします)」に合わせて、柿渋で布を染めバッグに仕立てる内容です。

 

自己紹介に引き続き、制作に向けてデザインしたり、布や技法を選んでいただいたりと、のんびりスタート。

今回は模様をつけるために二つの技法を用意しています。
一つは「ろうけつ」。模様が白く染め抜かれます。
もう一つは「鉄媒染」。柿渋で染めた布の上から鉄の液をかけると反応してグレーが現れます。

この日はどちらも試して選んでいただきました。

 


練習した布を気に入って「ブックカバーにするわ」お持ち帰りくださった方も。
終始笑い声の絶えない教室となりました。

 

次回は6月9日(土)の開講です。
いまから楽しみです。

「善三先生名言集」展始まりました

本日5月19日より「言葉でたどる坂本善三 善三先生名言集」展が始まりました。

 

坂本善三が書き残した言葉を手掛かりに、画風の変遷をたどるとともに、人間坂本善三の姿に迫る展覧会です。

 

 

坂本善三の言葉に、例えばこんな一文があります。
「私は歯をくいしばる思いで静物に向かっていた。」
これは戦後の静物画を描いている時代を振り返って書かれた言葉です。

 

坂本善三の画風が変化していく時代ごとに遺された言葉をたどることによって、坂本善三の制作を読み解く手掛かりにするだけでなく、人間坂本善三の姿を垣間見たいと思います。

 

 

展覧会は7月8日までの開催です。
緑美しい小国町へどうぞお越しください。

展示替え休館のお知らせ

目に青葉の季節、やっとこの時期らしいさわやかなこの頃の小国町です。

多くお客さまでにぎわった「木にまつわるエトセトラ」展は明日5月13日(日)までで終了します。

 

 

5月14日(月)〜18日(金)は展示替え休館となりますので、よろしくお願いいたします。

次回展覧会「言葉でたどる坂本善三 善三先生名言集」は5月19日(土)から始まります。7月8日までです。