カテゴリータイトル画像

11月11日(土)森でワークショップ

 

11月11日(土)、森の中でワークショップを開催します。軽作業で体を動かしながら、森の中で過ごす時間を楽しみませんか。

 

 

 

***

日時:11月11日(土)午前10時から午後3時まで、時間内随時

場所:「櫟の森美術館」周辺のくぬぎの森

内容:「おわりのはじまりへの石運び」。吉村形さんと一緒に森づくりの軽作業を楽しみます。汚れてもいい服装で、防寒用上着もご持参ください。参加無料です。

***

 

「吉村形展ーくぬぎの森寄生計画」開催中の彫刻家吉村形さんの制作現場(森)にお邪魔します。活動の拠点としている「櫟の森美術館」周辺のくぬぎの森です。彫刻家としての制作のため、また森を維持するための必要な作業を“森を彫刻する”と呼び、森での活動そのものを作品にしようと試みているのが今回の展覧会です。その森で、制作活動の一部を一緒に行います。

 

 

 

写真は前回10月8日のワークショップ時のものです。

気持ちのいい木漏れ日の中で、秋のひとときを過ごしてみませんか?

 

 

 

問い合わせは坂本善三美術館まで

電話0967(46)5732※月曜休

 

 

 

 

 

 

 

 

ZENZOアートフリマにぎわいました

 

 

10月29日(日)に開催された、第21回「ZENZOアートフリマ」inむらさき。

今回のテーマカラーはむらさき色でした。

 

当日はあいにくの雨天となり、美術館館内にいろんなお店が並びました。

 

 

小国町図書室の古本市。

 

 

 

ペイント小物、古着、カード占いの「のんびりTime」。

 

 

 

ハンドメイド小物と雑貨の「ピーチティー」と「フラワー」。

 

 

 

「わりばしてっぽうやさん」。

 

 

 

「バルーンアートのおみせ、ゴムとピンのおみせ」。

 

 

 

子ども服、雑貨など「針と糸デザイン」。

 

 

 

 

益城町の仮設団地のみなさんの手芸品「益城アミーゴwith水曜日のごんたろう」。

 

 

 

古着と雑貨「みずたまとしましま」。

 

 

押し花雑貨「花花花fei」。押し花ボールペンづくり体験も人気でした。

 

 

毛糸のボンボンときれいな阿蘇の写真「阿蘇の写真のボンボンクリップとめ」。

 

 

 

がらくたいろいろ「おだ牧場」。

 

 

 

手作りヘアゴム、ブローチのおみせ「きのこ」。子ども出店のさきがけです。

 

 

 

今回も出ました、子ども3人チームのおかしとジュースの段ボール販売機「人力販売機」。

仲間が増えて1枠ではおさまらず、2枠で出店。

 

 

お弁当や焼き菓子「野いばらの実」。

 

 

 

初出店!ケーキやパイ、シュークリーム、プリンなどデザートの「リフレッシュメンツ」。

 

 

 

こちらも初!ドイツパンの「Danke(ダンケ)」。

 

 

 

ホットドッグのお店「ゆみちゃんの店」

 

 

 

試食やくじ引き「グリーンコープ」。

 

以上、19の店舗が出店してくださいました。(台風22号の影響で、当日遠方の方など4店舗のキャンセルがありました。また次回お待ちしてます)

 

雨にも関わらず、館内はたくさんのお客様でにぎわいました。

 

 

 

食べ物関係は完売した店舗も。

 

 

 

 

 

ちらほらと、今回のテーマカラーのむらさき色が見えます。

 

 

 

 

 

 

みなさん、雨の中、お越し頂きありがとうございました。

 

 

次回フリマは4月末ごろの予定です。お楽しみに!

 

 

 

 

ファミリーコース 『ながい絵』

10月28日にファミリーコースが開講しました。


今回は美術館スタッフが講師となり、ながい用紙に絵を描いてもらいました。

 


絵といってもみんなが何か描いたあとに他の子がその絵に描き足していくこと。
みんな長い用紙に勢いよく書き始め、自由にお絵かきをしたり、
誰かのいた絵に描きたしたり楽しそうでした。

 


書き足していくことで、全然違う絵になり見てる方もとても楽しかったです。

 

 

 

 

今回で今年のファミリーコースは終了となります。
ファミリーコースに参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

 

親子で楽しんでる姿、子供達の新しい一面が見えたり、小学生の子が小さい子供達の面倒を見たり、とてもあたたかい気持ちになりました。
そして、たくさんのアーティストの方との活動はとても貴重な体験になりました。

 

また、来年もファミリーコース開催いたします。

どうぞよろしくおねがいします。

アートクラブ最終日

 

1021日(土)アートクラブの最終日を迎えました。

この日の内容は「仕上げ作業」と「発表会」。

 みんな仕上げに向け、勢いよく作業に取りかかります。

 

*****

 

建築班は下の部屋の仕上げとすべり台の設置を行いました。

ノコギリや電動ドリルも最初に比べ上手に使えるようになり、スムーズに作業が進みます。

初参加の3年生は何もかもが初めてでしたが、色んな事ができるようになり、最も成長が見られた気がします。

 

*****

 

映像班は「音楽・効果音の挿入」と「声の吹き込み」を行いました。

声の吹き込みは恥ずかしがってなかなか進みませんでしたが、終盤になってだんだん盛り上がり、時間が来ても「もっとやりたい!最後まで!」とぎりぎりまで粘りました。チームの一体感とみんなの心底楽しそうな笑顔が印象的でした。

 

*****

 

発表会ではご家族の皆さんがたくさん集まって下さいました。

 

建築班は素敵に仕上がったツリーハウス前での発表です。

みんなツリーハウスの仕上がりに大満足で、笑顔の発表となりました。

最後は仕上がったツリーハウスで遊んで本当に楽しそうでした。

 

***** 

 

映像班は館内にて上映会での発表です。

時間が足りず、まだ声が入っていない部分は、映像に合わせてその場でセリフを言うという、なんともドキドキな発表となりました。

「面白かった人〜?」との呼び掛けにたくさんの手が上がり、メンバーもほっとして嬉しそうでした。

 

*****

 

最後に学芸員から一人ひとりにこれまでの活動の写真とお菓子を贈呈。

受け取った子が一言ずつ感想を発表しました。

 

「また来年もアートクラブに参加したい!」との感想が多数。

ぜひ参加してくださいね。

 

*****

 

このアートクラブの5か月間、みんなの成長が見られ、とても嬉しい思いです。

子供達だけで内容もやり方も考えて作り上げる「アートクラブ」。

いつも以上にアートの楽しさを知り、身近に感じてもらえたのではと思います。

このアートクラブの経験をバネに色んな新しいことに挑戦していってほしいです。

来年のアートクラブもまた楽しみにしています!

 

*****

 

そして、見守り、みんなを育ててくださった岡山さん、大変ありがとうございました!

来年もどうぞよろしくお願いします!

 

10月29日(日)アートフリマ

10月29日日曜日は、第21回ZENZOアートフリマを予定しています。
週間天気予報によると、当日は晴れ!みなさまお誘いあわせてぜひご来場ください。今回のテーマカラーは「むらさき」です。

 

 

また、10月は小国町民美術館入館無料となっております。小国町にお住いの方は無料でご入館いただけます。開催中の展覧会「こんな解釈、ありなんだ!」は、一緒にこの展覧会を作り上げた9組12人のプロジェクトメンバーが展示する善三作品を選び、それぞれに展示しているのですが、今までお越しくださった町民のみなさんにもおおむね好評です。いつもとは少し雰囲気の違う展示です。

 


同時に、地元小国小学校の全児童の作品を展示する「おぐに児童絵画展」も開催、1年生から6年生まで小学生全員の作品をご覧いただけます。ぜひこの機会にお越しください。