カテゴリータイトル画像

小国小1年生鑑賞教室

地元・小国小学校の全クラスが授業で美術館にやってくる鑑賞教室、1年生の2クラスがそれぞれやってきて、展覧会の鑑賞と美術体験をしました。

 

 


まずは展覧会「拍手し展!」を鑑賞し、善三作品やんまつーポスのダンス映像を見て、作品を見た印象を一人ひとりランウェイにのって体の動きにして表現しました。

 

 

 

 

元気な一年生たちは、んまつーポスの映像の影響なのか、作品の前でぴょんぴょん跳んだりはねたり、くねくねしたり。ランウェイでポーズをとるお友達に大きな拍手でおおにぎわいでした。

 

 

そのあと庭に出て、葉っぱに絵の具をつけて色紙に押しつけて、葉っぱのスタンプカードを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第5回柿渋座

「柿渋座」第5回目の最終回は929日(土)でした。台風接近中だったため、当日参加予定と思われるメンバーに「最終回だからと無理して参加しないで。もう一回やります」と連絡し、規模を縮小して開催しました。作業が終わらない分は、アンコール補講日を設定しました。1028日(日)、当館の「ZENZOアートフリマ」開催の日と合わせて、最後のミッション牾曾唾貯蔵庫瓩慮開制作をします。どなたでも自由に参加して頂けます。

 

 

さて、9月29日の最終回(一応)は、それでも10人の参加者が駆けつけてくださいました。雨の中、一人お見えになるたび、スタッフみんな大喜びで迎えました。ゲストアーティストの「たねもしかけも」(川嵜義彦)さんから柿渋樽貯蔵庫のプラン説明後、建設地の地鎮祭から始めました。

 

 

なんとか小降りの雨の中、米、塩、酒を子どもも大人もみんなでまきました。その後、軒下に木材を広げて、刷毛で柿渋を塗布。夏の作業に比べて、柿渋の匂いがずいぶん穏やかになったような気がします。

 

 

 

午前いっぱい作業して、塗布面を乾かしながらみんなでお昼ごはんにしました。参加人数は少なかったですが、その分みなさんとたっぷり話ができ、とてもいい時間でした。その日が誕生日のメンバーもいて、サプライズケーキでお祝いしました。たくさん話をしてのんびりお茶した後、「また補講の1028日に」と言い合って解散しました。スタッフも楽しめた最終回でした。

 

 

 

「柿渋座」は、狄諭垢犯術館をつなぐ架け橋となることを目指す展覧会シリーズ「アートの風」瓩箸靴憧覯茲気譴織廛蹈献Дトです。善三作品を展示しているだけではつながるきっかけを持ちにくかったかもしれない方々とも、柿渋座の活動のおかげでつながることができています。その方々とのつながりで、美術館が活性化しているように感じます。多くの方にご参加いただき、本当にありがたいと思っています。

9月29日柿渋座、追加情報

929日(土)の柿渋座最終回について。

台風接近のニュースを受け、少し内容を変更して実施することとしました。

 

 

柿渋座最終回は、929日(土)午前10時から開始します。ただし、この日は作業の終了は目指しません。雨が少なければ貯蔵庫基礎部分の測量や砂利入れ作業をし、雨が多ければ軒下スペースで貯蔵庫木材の柿渋塗りをします。天候によっては午前の作業のあとご参加のみなさんでお昼ごはんを食べて歓談ののち終了することになるかもしれません。臨機応変に作業内容やスケジュールが変更になると思われます。ご了承ください。

 

残った作業の続きは、坂本善三美術館恒例のフリーマーケット「ZENZOアートフリマ」の日にやります。1028日(日)午前10時から午後5時まで、大人も子どもも、フリーマーケットの来場者が少しの作業でも加われるような場にしたいと思っています。フリマのにぎわいも楽しみつつ、柿渋座ブースに立ち寄って、一緒に作業しませんか?

 

というわけで、このあとの柿渋座日程は最終回が929日(土)午前10時からおそらくお昼すぎくらいまで、おまけの補講が1028日(日)午前10時から(5時までの間随時)、となります。よろしくお願いします。

9月29日(土)柿渋座です

今週土曜9月29日午前10時〜午後4時、「柿渋座」の5回目開催です。

最終回の今回の内容は「貯蔵庫作り&おつかれさま会」です。参加者募集!(初参加の方は、ご連絡ください)

 


■持ち物は、「帽子」「軍手」「飲み物」「お昼ごはん」。参加無料。
■雨天(の場合でも、それなりに)決行。
■汚れていい服と靴、濡れてもできる格好と着替えを。
■10時開始前に限り、展覧会をご覧いただけます。...
■参加は、都合のあう時間のみでも可です。

 

柿渋の樽を来年まで置いておく「貯蔵庫」を美術館裏手に作り、作業のあとはゆるやかにおつかれさま会を予定しています。壁塗りの時に使用していた階段状の“足場”を組みなおしたら、なんと貯蔵庫の屋根になるという…。柿渋座ゲストアーティストの建築家・たねもしかけも(主宰川嵜義彦)考案デザインです。

 

おつかれさま会は、今回こういう機会に袖すりあわせた方々と、せっかくだからもう少し知り合いましょう、という気持ちで予定しました。美術館の壁を柿渋で塗る催しがあるという情報をキャッチして、貴重な時間を割いて遠くからもはせ参じて下さる、好奇心旺盛でフットワークの軽い愉快なみなさん!私たちスタッフ自身が、もっとみなさんとお知り合いになりたいと思っています。もちろん、まだ参加したことのない方も、最終回初参加歓迎です。きっと来年もまた…形は変わるかもしれないけど、続けていきたいプロジェクトです。お待ちしています。

 

こちらも、ご覧ください。

柿渋座サイトの告知です。

https://kakishibuza.com/…/%e6%9f%bf%e6%b8%8b%e8%b2%af%e8%9…/

「拍手し展!」

坂本善三美術館コレクション・リーディングvol.3「拍手し展!」始まりました。(11月25日日曜まで)

 

 

今回、コレクション・リーディング展覧会に迎えたゲストはダンスカンパニー「んまつーポス」。ダンスとコラボした善三展にはランウェイが登場し、初日前夜にダンスのオープニングショーも開催しました。(写真上)

 

 

ショーで披露したダンスは、善三作品がもとになっています。んまつーポスメンバーが小国町内をまわり、小国町民に善三作品を見せ、その絵から感じた印象を言葉や体の動きで集め、それをもとにダンスを創作しました。協力頂いた町民のみなさんは、およそ80人に上りました。

 

 

 

 

展覧会では、ダンスのもとになった善三作品、町民インタビューのメイキング映像、完成したダンス映像などご覧いただけます。この展覧会のために作った長いランウェイも、そのまま展示しています。いつもと少し違う展覧会、ぜひご覧ください。

 

 

 

そして、最終日11月25日(日)午後4時から、んまつーポスによるクロージングショーを開催します。多くの方のお越しをお待ちしています。※入館料で観覧頂けます