カテゴリータイトル画像

肥後の里山ギャラリー 坂本善三展 

この秋、坂本善三美術館の作品を肥後の里山ギャラリー
(熊本市中央区)でご覧いただけます。
当館畳の間で観るのとはひと味違った善三作品を観にお出かけ下さい。

展覧会は明日より始まります。

 

 

  「 没後30年 坂本善三 −抽象への道ー 」

会場    肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階)
会期    10月16日(月)−11月25日(土)
開館時間  9:30−16:30
休館日   日曜・祝日
観覧料   無料

10月14日(土)ミュージアムコンサート

10月14日(土)午前10時から、坂本善三美術館展示棟にてミュージアムコンサートを開催します。出演は、小国町を拠点に活動しているコーラスグループ「コールはなみずき」のみなさんです。生演奏のピアノにのせて、童謡や歌謡曲などおなじみの名曲を歌っていただきます。10月は小国町民は入館無料です。この機会にぜひ、美術館へお越しください。

 

とき:10月14日(土)午前10時から

ところ:坂本善三美術館展示棟

 

観覧は無料ですが、入館料が必要です(※小国町民は10月末まで入館無料です)

 

 

おぐに児童絵画展開催中

 

「第7回 おぐに児童絵画展」開催しています。(11月26日まで)

地元・小国小学校全児童、1年生から6年生までの作品を、坂本善三美術館に展示しています。

 

 

10月末まで、小国町民入館無料となっております。

お子さん、お孫さんの作品を見に、ぜひお越しください。

 

 

 

「みんな自由にのびのび描いてるね」「色つがいも個性があっていいですね」などと、町外のお客様にも好評です。

10月8日(日)くぬぎの森ワークショップ2

10月8日(日)「吉村形展」のワークショップが小国町西里の「櫟の森美術館」で開催されました。

今回の内容はくぬぎの木の樹皮を斧でけずり取りたくさんの樹皮チップを作り、

ビニールテープの上に樹皮チップを隙間なくボンドで貼り付けていく作業です。

 

 


みんな作業をし始めると熱心になりすぎて休憩を忘れてしまうほどでした。

 

 

 

休憩中はくぬぎの森に入りどんぐりをみつけたり、大きな石に登ったり、

川で遊んだり森でしかできない遊びに夢中になりみんな楽しそうでした。

 

 

 

午後からは独自やることを考え、森で見つけたどんぐりなどを使い作業が行われていました。

くぬぎの森の中へ入ると形さんの森に対する愛情伝わってきます。

森で過ごす時間はゆっくりとして、とてもいい1日が過ごせました。

 

*****

次回のワークショップは11月11日(土)「おわりのはじまりへの石運び」です。

午前10時から午後3時まで、くぬぎの森で時間内随時行います。

次回もまた季節ごとに変わりゆく森の姿が楽しみです。

10月8日(日)くぬぎの森ワークショップ

「吉村形展 くぬぎの森寄生計画」展覧会開場にて、ワークショップを開催します。

 

日時:10月8日(日)午前10時から午後3時まで、時間内随時


場所:くぬぎの森(櫟の森美術館周辺:小国町西里)


内容:「寄生の実 熟成作業」


木を切って運んだり、積んだり、枝を束ねてつるしたり。吉村形さんと一緒に森の中の作業を楽しみます。大人から子どもまで参加可能。ただし、作業のできる服装で、防寒対策、水筒など各自準備ください。参加は無料です。
問い合わせは坂本善三美術館へ。0967(46)5732

 

 

 

**********
今後の予定


11月11日(土)ワークショップ「おわりのはじまりへの石運び」
時間と場所は同様、午前10時から午後3時まで、時間内随時、くぬぎの森

 

12月3日(日)クロージングトーク(吉村形、坂本善三美術館学芸員山下弘子)
午後2時から午後3時、櫟の森美術館・くぬぎの森
※トーク終了後、クロージングワークショップを開催予定