カテゴリータイトル画像

吉村形展 くぬぎの森寄生計画始まっています。

8月1日より、櫟の森美術館(小国町西里)のくぬぎの森にて、彫刻家吉村形さんの滞在制作が始まりました。
毎週土・日・祝日10:00〜16:00公開制作中です。...

この滞在制作は、人々と美術を結ぶ架け橋となることを目指す展覧会 “坂本善三美術館シリーズアートの風 vol.7” に関連したものです。8月1日から9月30日までの滞在制作を経て、10月1日から12月3日まで、くぬぎの森と坂本善三美術館にて展覧会を行います。

素晴らしいくぬぎの森の風景の中でコツコツと、文字通りコツコツと体を使って「森を彫刻する」吉村形さんにぜひ会いに行ってみてください。

 

滞在制作:8/1-9/30(公開日土・日・祝)

展覧会:10/1-12/3(公開日金・土・日)ただし坂本善三美術館は月曜以外開館。

 

以下チラシテキストより-------------------------

坂本善三美術館シリーズアートの風vol.7では、彫刻家吉村形(よしむらけい)を招きます。

吉村の制作拠点は、父である画家・故吉村郁夫が創設した私設美術館「櫟の森美術館」(小国町西里)を取り囲む、広大なくぬぎの森です。2011年から現在まで「くぬぎの森寄生計画」と題し、自然と深くかかわる行為の中から生まれてくる造形を追及しています。

時に自然は、まるで使役のように労働を要求します。木を伐りだす。枝を積む。石を運ぶ。

一方で自然は、豊かな恵みを与えてくれます。輝くような木苺。鮮やかな新芽。美しい紅葉。

吉村は日々の森での作業を、制作のためというよりもむしろ、やらざるを得ない作業として行っていますが、その行為を「森を彫刻する」と呼び、森での活動そのものを作品にしようと試みます。

やってもやっても終わりのない森での作業の中に、はっとするような美しさ、人では作り出しえないような壮大さや密やかさを見出すことが、吉村にとっては制作であり森を彫刻する行為なのです。

自分の力を大きく超えた巨大な素材へまるで人間のちっぽけさを確認するかのように挑み続ける彫刻家の姿をとおして、私たちのすぐ隣にある自然がリアルに立ち現われてくるのを感じていただければと思います。

 

 

 

 

 

美術コース染色教室

8月5日(土)染色教室4回目を開講しました。
台風の動向を心配していましたが、なんとか到着前に決行することができました。

 

いよいよ「染め」のこの日、茜、胡桃、ウコンから一色を選び、大きな刷毛で一気に染めていきました。

 

みなさん本当に初めてですよね?と尋ねたくなるほどの手さばきに驚きながら、今回も和やかな教室となりました。

 

次回は9月2日(土)に開講予定です。

第3回 アートクラブ

7月30日(日)〜31(月)の2日間、第3回「アートクラブ」の合宿が開催されました。

 

子供たちが自分たちでやりたいことを考えて、自分たちでやり方も考えて、自分たちでやってみるアートクラブです。

今回は合宿ということもあり、いつも以上にみんな気合が入っていました。

 

「建築系」と「映像系」に分かれて活動です。

 

「建築系」は美術館裏にある2年前のアートクラブで作ったツリーハウスの増築をすることになりました。
「ターザンロープつけたい」
「ハシゴを作りたい」
「ブランコ作りたい」
「ペイントしたい」
自分たちがやりたいように作業が進められました。

初めて参加したメンバーも初めてのノコギリや電動ドリルを使用し一生懸命に作業をしていました。

 

 

次のアートクラブでは
「下に板をはり部屋にしたい」
「ハシゴ増やしたい」
「ハンモックつけたい」
「オープンテラス作りたい」
との意見がでたのでそれに向けて活動をしていく予定です。

 

 

「映像系」はコマ撮りをすることになりました。
衣装や背景の小道具作りから始まり撮影となりました。

1日目は背景チームと衣装チームに分かれ制作。
背景チームは紙粘土を使って作ったり、絵を描いたり。


衣装チームは人形の衣装を一から作りました。
細かい所も丁寧に作られているのがびっくりです。

 

2日目はカメラでコマドリ撮影です。

 

次回のアートクラブも引き続きコマドリの撮影をする予定です。

建築班」「映像班」それぞれが頑張って制作中です。

これからの仕上がりが楽しみです。

 

今回は第3回目の開催でしたが、回数を重ねるごとにみんなの顔つきが変わり成長しているような気がします。

中学校鑑賞教室〈4日目〉

昨日に引き続き中学生の夏休み鑑賞教室が行われました。

 

前半は展示室で作品鑑賞。

 

 

後半は外での活動で吉村形さんプロデュースです。
昨日制作した作品に桜の木を追加し組み立て作業です。

 

「森に寄生するように制作をする」というより「森に寄生することが制作である」と形さん。

形さんが生徒たちに『どんどん増殖させてください』と。

みんな勢いよく作業を始めとても楽しそうでした。

 

 

自然の中で育った生徒たちですが、こんな風に木にふれる機会がなく『木にふれあえていい経験になった』と。

昨日の作品から木を追加させていくことにより、更にユニークな作品へ変化しました。

 

 

あと2回の中学生鑑賞教室でこの作品がどう形をかえていくのか楽しみです。

 

台風接近で台風に飛ばされないか心配している生徒も…何事もありませんように。

中学校鑑賞教室 < 3日目>

本日、先日に引き続き中学生の夏休み鑑賞教室が行われました。

 

 

前半は展示室で作品鑑賞。たくさんある作品の中から5点を選んで、オリジナル展覧会を企画。

 

 

後半は外に出て活動です。
こちらは10月から当館と櫟の森美術館(小国町西里)で展覧会を行う彫刻家の吉村形さんプロデュース。

本日は吉村形さんと一緒に作品制作をしました。


桜の木を組み立てていく作業です。
『何を作るかは決まってなく』みんなで自由に考え組み立て作業をしていくというもの。

 

 


最初は迷いがあり消極的でしたが、徐々に積極的になり楽しくイキイキと作業している様子でした。
『素敵なオブジェができた』とみんなで喜んで楽しそうでした
中学生の感想で『何を作るか決まってないというのがきっと新しい発見や考えにつながった』と。

明日も引き続き鑑賞教室が行われます。
この作品がどう形をかえていくのか楽しみです。