カテゴリータイトル画像

「小国び塾」始まりました

 

 

 

 

参加者を募集して一緒に展覧会を作り上げるアートなプロジェクト「小国び塾」。5月〜6月に応募を呼びかけて、7月2日、開講しました。

 

ゲストプロデューサーの美術家・藤浩志さんと、参加の名乗りをあげてくださった8人のみなさん。

 

 

第一回目の集まりは、この企画について「こんなふうにやっていきましょう」という藤さんからのお話の後、みなさんそれぞれに自己紹介を。地元の小国町内から、熊本から、福岡から、そしてプロフィールも興味のジャンルも、多彩で魅力的なみなさん!よくぞ、こんなメンバーが集まってくださいました。

初回早々「妄想企画会議」を開き、現段階のそれぞれの企画アイデアをワアワア話し合って、仮タイトルをつけて各人発表しました。「小国び塾」では、参加者のみなさんがそれぞれにアートプロジェクトに取り組むことになります。

「最終的にどうするかというのは決めつけなくていいです。どうなるかはわからないおもしろさを、作るプロセスを楽しみましょう」と藤さん。それぞれアイデアをあたためて、二週間後の第2回目とつながります。

 

 

7月16日第2回目は、初回の「妄想企画会議」で各人確認したこと気づいたことなどを盛り込んで、練られたアイデアをまたそれぞれに発表し、みんなでワイワイ話し合いました。みなさん「自分の毎日」「自分の日常」を意識して、方向転換されたり、新たなテーマを見つけたり、さらに自分自身を掘り下げた内容になってきているようです。側で見ていて、「人ってみんなおもしろいものだなあ」という思いです(び塾の参加者は、特にまたおもしろい人たちではあるけれど)。

 

 

 

 

2回目の夜は、全員揃っての懇親会も開催しました。び塾メンバーに加え、今年度美術教室などで関わりのあるアーティストの方々もお招きして、濃い濃い夜になりました。