カテゴリータイトル画像

「絵を踊る」5月28日(日)

現在開催中の展覧会「絵の音が聞こえるか」。5月28日(日)に関連イベントとして「絵を踊る」を開催します。ダンスを披露してくださるのは、NHK教育番組への出演など、コンテンポラリーダンサーとして幅広く活躍中の古家優里さん。

 

絵から聞こえてくる「音」や「無音」をダンスで表現します。絵画とダンスとのコラボレーションをお楽しみください。

 

**********

 

日時:5月28日(日)午後2時から

場所:坂本善三美術館展示棟

ゲスト:古家優里(コンテンポラリーダンサー)

※観覧には入館料が必要です

 

身近にダンスを体感できるチャンスです。大人から子どもまで、多くのみなさんのご観覧をお待ちしています。

 

**********

 

古家優里さんプロフィール

熊本バレエ研究所で学ぶ。お茶の水女子大学舞踊教育学コース卒業。大学の同級生と立ち上げたダンスグループ“プロジェクト大山”主宰。

2009年横浜ダンスコレクションRにて「審査員賞」、2010年トヨタコレオグラフィアワードにて「次代を担う振付家賞」を受賞。公演活動の他、NHK Eテレ「みいつけた」振付出演、長塚圭史演出『ガラスの動物園』(2012年)振付出演、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作演出・ナイロン100℃『デカメロン21〜或いは、男性の好きなスポーツ外伝〜』(2013年)振付などがある。

 

プロジェクト大山HP http://www.projectohyama.net/

 

※HPより

 

NHK Eテレ  https://www.nhk.or.jp/kids/program/miitsuketa_cr.html

番組「みいつけた」にて振付、「ダツイージョ」として出演もされています