カテゴリータイトル画像

ファミリーコース「びっくり箱ドン」

美術館主催のファミリー対象の美術教室、ファミリーコース第3回めは、アーティストの藤原雅哉さんを先生に迎えました。講座の名前は「びっくり箱ドン」。
今回はお休みなし、11家族33人の参加でした。


「みなさん、おはようございますー。今日の先生、アーティストの藤原雅哉さんです」




「えー、おはようございます。藤原です」
藤原先生。大分県で学校の先生もしています。





「今日は、みんなでこのビニール袋に飾りをつけたり、マジックで絵を描いたりして、ながーくつなげたいと思います」




「そして、この黒い箱から…」





「ッドーーン!!、と出す!」




「ほらー、扇風機で空気を入れたら、こんな風になるよ。これをながーくみんなで作ります」

これは何か似てるものがないかなあ?何に見える?
何か思いつくのを言ってみて…と問いかけると、

へびー!
いったんもめんー!
まくらー!

と、ワアワアいろんな意見が出た中に、「ドラゴン!」という言葉があり、みんなでドラゴンを作ることになりました。




「ドラゴンっぽい、龍っぽい飾りを、いろいろつけてな。まあ、それにこだわらんで、なんでもいいんやけどな」と先生。
一応、龍という方向性は示したものの、なんでも好きに作ってください、ということでした。



ハートとか…



お花とか…




真四角のうろこ的なものとか…




ピンクや黄色でファンシーに作るファミリー




セロファンをくしゃくしゃにして、くっつける様子



一心不乱。みんな、カメラなんか見てくれません。



いつのまにか自分に飾りつけてました



「できた」
「見せて―」



「こっちに広げて見せて―」




「それも、見せて―」




みんなの作品を、太いテープでつなげます。




ながーくできました。




びっくり箱も、クレヨンで模様を描きます。


いよいよ!

箱に龍をおさめて、箱を閉じたら…




スイッチオン!
扇風機が動き始めました。
「おー、ふくらんできたー!」




びっくり箱の扉が少しずつ押し開けられ…
「わー!」
「もこもこしてきたー!!」



「でたでた!!!」



「おーー!」




「わー、うえにのびてるー」


空気が入りました〜




「ながーい!!」



迫力の頭!



「うわー、食べられるーー!!」
ノリのいいお母さんです。




暴れる龍に、みんなでタッチ!




もぐりこんで、タッチ!



小さい子も、タッチ!




いろんな模様と飾りが見えます。




「あー、みてー! したにうつってるいろも、きれいー!!」




龍がにゅーっと動いて…




お部屋の中をのぞいてます〜




また動いて…




玄関から中をのぞいてます〜
善三先生の絵を鑑賞!!




にょろにょろ〜




こんな扇風機を使ってます。
「ちょっと止めてみるよ〜」




中の空気がゆるんで、しなっとなったところをキャッチ!




みんな、自分の作ったところをつかんでます。




「動くぞーー!」
先生が動かしています。




「わー!」
「まってー!」



キャーッチ!



みんなで並んでパチリ。




楽しかったね!
今回は、大きい子も小さい子も、ワイワイキャアキャアおおはしゃぎでした。
大人のみなさんは、そんな子どもたちの表情を逃すまいと、カメラやビデオ撮影が大変だったかも。

最後に龍は切り分けて、それぞれ自分の作ったパーツを持ち帰りました。
暑い中、おつかれさまでした。