カテゴリータイトル画像

「絵を踊る」5月28日(日)

現在開催中の展覧会「絵の音が聞こえるか」。5月28日(日)に関連イベントとして「絵を踊る」を開催します。ダンスを披露してくださるのは、NHK教育番組への出演など、コンテンポラリーダンサーとして幅広く活躍中の古家優里さん。

 

絵から聞こえてくる「音」や「無音」をダンスで表現します。絵画とダンスとのコラボレーションをお楽しみください。

 

**********

 

日時:5月28日(日)午後2時から

場所:坂本善三美術館展示棟

ゲスト:古家優里(コンテンポラリーダンサー)

※観覧には入館料が必要です

 

身近にダンスを体感できるチャンスです。大人から子どもまで、多くのみなさんのご観覧をお待ちしています。

 

**********

 

古家優里さんプロフィール

熊本バレエ研究所で学ぶ。お茶の水女子大学舞踊教育学コース卒業。大学の同級生と立ち上げたダンスグループ“プロジェクト大山”主宰。

2009年横浜ダンスコレクションRにて「審査員賞」、2010年トヨタコレオグラフィアワードにて「次代を担う振付家賞」を受賞。公演活動の他、NHK Eテレ「みいつけた」振付出演、長塚圭史演出『ガラスの動物園』(2012年)振付出演、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作演出・ナイロン100℃『デカメロン21〜或いは、男性の好きなスポーツ外伝〜』(2013年)振付などがある。

 

プロジェクト大山HP http://www.projectohyama.net/

 

※HPより

 

NHK Eテレ  https://www.nhk.or.jp/kids/program/miitsuketa_cr.html

番組「みいつけた」にて振付、「ダツイージョ」として出演もされています

「小国び塾」参加者募集

 

 

アートなプロジェクトに参加しませんか?

坂本善三美術館では、7月からはじまる「小国び塾」の参加者を募集しております。

美術家の藤浩志(ふじひろし)さんプロデュースのもと、7〜8月に各自プロジェクトに取り組み、9月に発表となる予定です。

詳しくは、以下をご覧の上、特設フェイスブックもチェックして下さい。

 

https://www.facebook.com/ogunibijyuku/

 

坂本善三美術館では、藤浩志プロデュース「小国び塾」の参加者を募集しています。

 

ジャンルを超えた様々なゲストを迎えて収蔵品を再解釈する展覧会のシリーズ「コレクションリーディング」。第2回目となる今年のゲストは、藤浩志さんです。

藤さんは今回「小国び塾」を立ち上げ、参加者の皆さんと一緒に展覧会を作ります。といっても、あれこれ出品作品を選んで展示を作るというわけではなく、参加者の皆さんが、各自自分のテーマで「アートなプロジェクト」に取り組み、それが当館収蔵品と組み合わせた展覧会へと結実するのです。

 

では「アートなプロジェクト」って一体何なんでしょう。

藤さんはこう言います。

「アートは生活の中に無限に広がっています。アートは新しい価値を立ち上げる技術です。日常の風景を少しだけ角度を変えて向き合うことで、あなたの毎日の暮らしが少しずつ変わります。知らないうちに、今まで何でもなかったことが、あなたの生活の中で大切なことに変化するでしょう。

そのために取り組む、あなただけの特別な活動。

常識をちょっと超えた心踊る妙なこと。

それを「アートなプロジェクト」と読んでみました。」

 

毎日の暮らしの中にいつでもあって、ちょっといつもとは違う眼差しを注いだら立ち上がってくるアート。

毎日の暮らしがアートになったら。いや、毎日の暮らしの中にアートを発掘できる眼差しを手に入れることができたなら。この先の人生の進む道がちょっとだけ変わるような気がしませんか。

今ちょっとだけ変わったら、10年後はだいぶ変わってるかもしれない。20年後は大きく変わってるかもしれない。

 

毎日の暮らしの中でそんな眼差しをゲットしながらアートなプロジェクトを積み重ね、展覧会を作り上げるこの一粒で何度も美味しい「小国び塾」へ、あなたの参加をお待ちしています。

 


*******

このところ、当館のネット環境がいささか困難な状況下にあり、画像の表示などに一部不具合がありますことをお詫びします。いずれ改善される予定ですが、いましばらくお付き合い下さいますよう、お願いいたします。

ゴールデンウイーク

ゴールデンウイークはお天気に恵まれそうです。
5月1日月曜は定休日で休館いたします。2日火曜から7日日曜は通常どおり開館します。皆様のお越しをお待ちしています。

アートフリマ盛況でした

4月22日(土)、「第20回ZENZOアートフリマinホワイト」が開催されました。

毎年4月と10月の年二回開催の、恒例のフリーマーケットです。


「あなたにとってのアート」を出品するブース20店、飲食ブースが6店、美術館の庭やテラスが計26のお店で賑わいました。

常連さんブースも多いアートフリマですが、今回は常連さんが新しい出店者さんを連れてきてくれたり、いつもはお客さんで参加してくれてた人がお店やさんになってみたり。

今回は、子どもが主役のお店が増えたことも特徴でした。上の写真は、お皿やさん。※子どもは、保護者同伴で参加しています



ゴム鉄砲ゲームのブースです。


手作りマスコットやさん。


一基からはじまったダンボールはんばいきは、仲間が増えて3基に。



そのほか、


手作り小物、雑貨、手工芸品、オリジナルのシルバーアクセサリー、レディースの洋服、カラーセラピー、マッサージ、フラワーアレンジメント、花苗、スピリチュアルアート、それにお弁当やおまんじゅう、ホットドッグ、カレー、ジュースやデザートなど、素敵なもの、かわいいもの、楽しいもの、おいしいものがたくさん出品されました。





晴天に恵まれたこともあり、来場のお客さんものんびりお店を巡って、雑貨や小物のお買い物やセラピー、マッサージなどお楽しみいただけたようでした。


ご来場頂いたみなさん、ご出店頂いたみなさん、ご参加ありがとうございました。次回は10月です。





美術教室参加募集

坂本善三美術館で開催する美術教室の参加者を募集しています。

5月から始まります。ぜひご参加ください。

 

すべてのお問い合わせ、お申し込みは、坂本善三美術館へ。

電話0967-46-5732※月曜休み

 

 

⬛美術コース「植物染料で型染め(中学生以上の一般向け)

 

「型染め」という技法で、沖縄の古典模様を植物染料で染める教室です。初心者歓迎です。

 

5月〜10月の毎月第2土曜午後1時〜午後4時。参加費五千円(6回分)※別途材料代がかかります

講師:杉枝里奈(坂本善三美術館スタッフ)

 

 

 

 

⬛ファミリーコース(小学生以下の子どもとその保護者向け)

 

月替わりでいろんな美術体験ができます。子どもも大人も一緒に楽しみます。

 

5月〜10月の毎月第4土曜、午前10時〜正午。参加費ひと家族五千円(6回分)※別途材料代がかかる回もあります

子どもには必ず保護者が付き添ってご参加ください。

 

 

5月「マスカーワールド どうもお面なさい」講師:藤原雅哉

6月「Tシャツづくり」講師:美術館スタッフ

7月「木であそぼう」講師:上妻利弘

8月「くぬぎの森寄生計画」講師:吉村形

9月 「みんなのけんちく」  講師:川㟢義彦

10月 「ながいながい絵」  講師:美術館スタッフ

 

写真は昨年の様子です

 

 

⬛アートクラブ(小学3年生以上向け)

 

何をやるか、どうやるか、決めるのは自分たちです。

 

やってみたらおもしろいだろうなということ

やれるかどうかわからないこと

やっていいのかどうかわからないこと

やってみるのがゆめだったこと

 

はじめの回で、何をするのかみんなで考えます。

 

6月〜10月で計6回開催。

6月24日(土)、7月15日(土)、7月30日(土)〜31日(日)※一泊二日、8月19日(土)、9月17日(日)、10月21日(土)。

 

参加費は計6回で1000円(保険代など)。別途、材料代などが必要な場合があります。一泊の回は食事代など実費負担があります。

 

見守り役:岡山直之(レインボー岡山)

 

 2016年は映画を撮りました。

「探偵団物語」。

脚本、演出、撮影も自分たちで行い、最後は映画館で上映会も開きました。

 

 

 

 

映画のチラシ

 

 

 

2015年は、美術館の裏庭にツリーハウスを作りました。設計、木材の加工、組み立ても自分たちで。

 

 

 

今年は何をすることになるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

展覧会「絵の音が聞こえるか」

展覧会「絵の音が聞こえるか」が始まりました。

 

今回は、善三以外の作家の作品も多く展示されています。

松本英一郎、久永強、田中稔之、ハンス・アルトゥング、難波田龍起、田代晃三。

 

 

会期中、坂本善三美術館友の会の催しとして、絵画とダンスのコラボレーション「絵を踊る」も開催予定です(※詳細下記)。

ぜひお越しください。

 

*****以下、展示目録より*****

 

「視覚芸術である絵画に、音はあるのでしょうか。

確かに絵画は目で見るものですが、絵を評するときに「リズム」や「ハーモニー」などといった言葉が使われるように、いかにも絵が音楽的だと感じることがあります。

 

そもそも「見る」ということは、はたして聴覚などの他の感覚と切り離して存在しているのでしょうか。絵を前にしたときに私たちは、そこに流れている音楽を、あるいは無音の静寂を、目で見て聞いているのではないでしょうか。

この展覧会では、画面から「音」あるいは「無音」を感じる様々な画家たちの絵に耳を傾けてみたいと思います。

 

自ら音楽を愛し、まさに音があふれ出しそうな作品を描いた久永強。音楽というよりはむしろ無音に近い、本当に耳を澄まさないと聞こえないようなささやきを感じる坂本善三や難波田龍起らの抽象作品。音と共鳴しあう田中稔之の円環。豊かな詩に満ちた松本英一郎のおおらかな画面。

 

絵を前にして、そこにどんな音があるだろうと想像すると、目で見るだけよりも、ずっと作家や作品の個性が際立ってくるような感じがします。静かな音なのか、にぎやかな音なのか、それとも自然の音なのか、流れるようなメロディがあるのか、あるいは完全な静寂なのか。

 きっといつもの鑑賞とはちょっと違うチャンネルを開いてくれるに違いありません。」

 

 

**********

展覧会関連イベント

 

絵画×ダンス「絵を踊る」

 

絵から聞こえてくる「音」や「無音」をダンスで表現します。

 

ゲスト:古家優里(ふるいえゆうり・コンテンポラリーダンサー)

日時:5月28日(日)午後2時から

場所:坂本善三美術館展示棟

※観覧には、入館料が必要です

 

http://www.projectohyama.net/

古家さん主宰のダンスグループ「プロジェクト大山」HP

 

 

 

展示替え休館のお知らせ

1月から開催してきました「墨と黒 日本の黒が伝えるもの」は明日3月12日(日)までで終了いたします。

3月13日(月)〜3月16日(木)は、展示替えのため休館とさせて頂きます。

何卒よろしくお願いいたします。

3月17日(金)から「絵の音が聞こえるか」が始まります。

本展では、画面から「音」あるいは「無音」を感じる様々な画家たちの作品を展示し、絵に耳を傾けてみたいと思います。

期間中にダンサーの古家優里を迎え、絵から聞こえる音を踊る公演も開催いたします。

展覧会は5月28日(日)までの開催です。

 

「墨と黒」、心のウォーミングアップ

 

現在開催中の展覧会「墨と黒ー日本の黒が伝えるものー」は、3月12日までです。

 

 

 

いま、展示室内には、実はいつもと少し違った展示のしかけがあります。

「黒」をテーマにした今回の展覧会をより楽しんでいただくために、いきなり作品を見る前に、まず心の準備をしていただこうということで、用意しました。

 

 

展示室に入ったところに机が置いてあります。

 

 

机の上には二枚の案内があります。

 

「展覧会を見る前に −心のウォーミングアップー

ここに、さまざまな素材の「黒」が並んでいます。質感の違いによって、どんな印象を受けますか。それぞれの黒を見た時にあなたの心に浮かんだ言葉を書いて、テーブルに掲示してください。

どうですか。心が動きましたか。

それでは、どうぞあなたの心の動きに身を任せて作品をお楽しみください。」

 

「どんな言葉が浮かびますか?

〕諭垢柄悩爐痢峭」をよく見る

△修譴召譴痢峭」を見て心に浮かんだ言葉をふせん紙に書く

「黒」の前の台に貼る」

 

 

 

入口から入って正面の壁に、いろんな「黒」が並んでいます。

 

 

どれも黒であることと、サイズはほとんど同じですが、素材はさまざまな「黒」です。

布の黒、鉄の黒、紙の黒、木の黒、ビニールの黒…。

 

 

それぞれの黒を見てみなさんが心に浮かんだ言葉が、いろいろ書かれています。

「夜明け」「労働します」「生活」「よくがんばった」

 

「カンッ!」「つめたいさみしい」

「冬の日本海の夜」「やがて動く」

 

 

質感だけが違うさまざまな黒を見て、みなさんがご自身の中で反応したいろんな情景、いろんな感情、音、連想したものなど、言葉にして並べて下さいました。

 

***

 

同じ形の同じ黒の、微妙な質感の違いをじっくり味わった後は、善三先生の黒、黒、黒の作品の数々も、表情豊かに見えてくるから不思議です。

 

 

ぜひ心のウォーミングアップをして、ご覧ください。

※上の写真は、特に黒い作品が集まったコーナーです

4月22日(土)ZENZOアートフリマ

ひと足先に、春のお知らせです。

 

第20回ZENZOアートフリマを、坂本善三美術館にて4月22日(土)に開催します。

午前10時から午後5時までを予定しています。

 

毎回設定しているテーマカラー、今回は「白」です。

ぜひどこかに白いものを身に着けてお越しください。

 

出店者の募集は2月22日(水)より開始します。

ふるってご参加ください。

 

 

***

 

これまでZENZOアートフリマは美術館前庭での開催でしたが、開催場所を裏庭にも広げて「タープエリア」も設けました。

裏庭に限ってタープやテントのご利用が可能になります。

詳しくは、この記事の一番下の”詳細”をごらんください。

 

※裏庭風景

 

***

 

“あなたにとってのアート” のご出店、お待ちしています。
手作り雑貨(アクセサリー、布小物、せっけん)、手作り服、本やおもちゃのコレクション、イラスト作品、木工作品、花苗、カラーセラピー、ダンスや演奏のパフォーマンスなど

 

 

※飲食ブースの出店については、営業許可をお持ちの方に限らせていただいております。

 

 

***************************

 

出店ご希望の方へ 〜必ずお読みください〜

場 所  
: 坂本善三美術館 前庭と裏庭 
     ( 雨天決行 ※雨天の場合は屋内スペースで開催 )

時 間  :4月22日(土)午前10時〜午後5時


出 店 物 :”あなたにとってのアート” ならなんでも
           ( 作品、手作りのもの、こだわりコレクション、自慢の農産物、パフォーマンスなど )

区画と参加料

    ● 一般の出店( 美術館前庭 )は1区画2m×2m〈 500円 〉

    ● タープエリア( 美術館裏庭 )は1区画2,5m×2,5m〈 1000円 〉

    ※ タープは持ち込みです

    ※ 雨の場合は、館内で一般出店同様に場所をゆずりあって出店していただくため、500円
    ● 飲食物の出店(軒下テラス)1店舗〈 1500円 〉

    (飲食店出店は相談の上。料金に保険所の臨時営業許可申請料を含む)


販売禁止物: 危険物

参加資格: 出品物への愛情とウンチクがある方ならどなたでも。
            ただし未成年は、保護者同伴で。
            ※ 飲食物出店は、原則として通常の営業許可をお持ちの方

参加条件:どこかに必ず “テーマカラー” を身につけてください。今回は「白」です。

( 毎回テーマカラーが設定されます。帽子、服、髪留め、バンダナ、出店物なんでもOK。仮装、扮装、自作着ぐるみなど歓迎 )

 


------------------------------------------------------------------
申し込み・お問い合わせ 坂本善三美術館

            ( 電話 0967−46−5732 / メール zenzoo@town.kumamoto-oguni.lg.jp
主催
:坂本善三美術館、ZENZOアートフリマ実行委員会

 

 

 

「墨と黒」はじまりました

 

「墨と黒 ー日本の黒が伝えるものー」が始まりました(3月12日まで)。

 

 

以下、展示目録より*****

 

「西洋絵画の黒には物と質感を感じ、日本の黒には心を感じる。」

グレーの画家坂本善三が「黒」について語った言葉です。

坂本善三の黒は「坂本調」と呼ばれる独特の質感を持っていますが、では坂本善三が日本の黒に感じた「心」とはいったい何だったのでしょう。

 

「黒」と一口に言っても、墨の黒、絵の具の黒、ビロードの黒、エナメルの黒、影の黒、闇の黒など、色も質も異なる黒が世界にはたくさんあります。坂本善三の黒のルーツは、子どもの頃に見た木版画の版木の墨色やヨーロッパで見た煤(すす)に汚れた壁の黒、暗い日本家屋の濃い影の黒など、様々にあります。坂本善三が魅かれたそれらの黒に共通するのは、見る人の目を跳ね返す強さを持つものではなく、何もかもを受け入れ、どこまでも吸い込んでしまいそうな空間性です。そしてその深く折り重なった空間性を、私たちは坂本善三の絵の中に感じることができるのです。

 

この展覧会では、坂本善三の水墨をはじめとする「黒」の作品と共に、他の作家の作品や日常の中のさまざまな質感の「黒」を展示します。それらを見比べながら、ご自分の心の動きを探ってみてはいかがでしょうか。さまざまな黒はきっと、人の目が何を見、それによってどんなことを感じるのかを教えてくれることでしょう。

そして、坂本善三の語る「心を感じる黒」とは何なのか、みなさんそれぞれに思いをはせていただければ幸いです。

 

*****

 

 

(いちスタッフの私見)

今回は、黒がテーマの黒ばっかりの展示になるので、実のところいったいどうなるんだろうと思ってました。遠目からだと一見同じ黒でも少し近づくとまるで違っていて、黒という色の幅の広さ、奥深さを感じることができます。色味が同じ分、質感の違いをいつも以上に感じることができて、見ごたえのある展示です。こういうのを子どもたちに見せたらどんな反応をするだろう、と想像するのも楽しいです。ぜひ大人にも子どもにも見てもらいたいです。いろんな「黒」を見に、ぜひお越しください。