カテゴリータイトル画像

「子どもと楽しむ善三展」ごあいさつに代えて

 現在開催中の「子どもと楽しむ善三展 〜善三先生こんにちは〜」では、主催者挨拶に代えて、みなさんにお伝えしたいメッセージを会場に展示しています。
「大人のみなさんへ。」と「子どものみなさんへ。子どもだったことのあるみなさんへ。」という二つのメッセージです。
少し長いですが、ここに転載しますので、ぜひ読んでみてください。
みなさんに何か伝わるといいなと思っています。


大人のみなさんへ。

 子どもには絵はわからないと思っていませんか?
 子どもに抽象画は無理だろうと思っていませんか?
 そんなことは決してありません。子どもたちは鑑賞の天才です。
 一例をご紹介します。「この線は、刀で切ったような線だと思いました。」「暗い中に一つだけ光があって、希望が見えたーっていう気になりました。」「心の底からぞくっとしました。」。これは、これまで坂本善三美術館で行った鑑賞教室の際に、抽象作品を見た6年生や中学校1年生の子ども達が実際に語った感想です。
 子どもたちは、なんの解説をしなくても、自分の言葉で、自分の心でじっくり見るだけで、その作品の本質を探り出します。そう、鑑賞の一番大事なところは、自分の心で感じ、自分の言葉で表現することなのです。
 大人の私たちはつい、誰かの言葉に頼ったり、自分の心にたずねることを忘れがちです。そんな大人たちはぜひ、子どもの力を借りようではないですか。
 今日は、ご自分のお子さんでも、お孫さんでも、近所の子どもたちでも、いっしょに絵の前に立ち、子どもたちの語りに耳をかたむけてみてください。
 そのときにはどうか、押し付けず、先取りせず、否定せず、待ってあげてください。子どもからどんな言葉が出てきても、それをくみ取り共感するためのフットワークだけ軽くしておいてください。子どもはどんなボールを投げてくるかわかりません。直球かもしれません。消える魔球かもしれません。野球のボールのつもりでかまえていたらいきなりバスケットボールを投げてくるかもしれません。
 きっとそれは、教科書に載っているような言葉ではないでしょう。もしかしたら、「きれい」とか「青い」とか「好かん(好きじゃない)」とか、ぶっきらぼうな答えかもしれません。あるいは、思わず聞き返しそうになるほど大人には予想もつかない言葉が並ぶかもしれません。そんな時は、その短い言葉をヒントに、絵の中を探り、子どもの心の中を探ってみてください。絵の中の何を見てその子はその言葉を発したのか。それを探ることは絵を見る一番の手がかりになるに違いありません。
 そして、絵を見てその言葉が出てきたその子の心に育っているものの果てしない広がりを、いっしょに垣間見せてもらおうではありませんか。


子どものみなさんへ。  
子どもだったことのあるみなさんへ。

ここは美術館の展示室。たくさんの絵がならんでいます。

絵を見る前にまず、思い出してください。
今日の朝、窓を開けたとき、ほっぺたに感じた空気の温度を。
今日の朝ごはんのにおいを。味を。

もっと思い出してみてください。
遠足の日の朝の気分を。
夜、星がいっぱい出ている空を見上げたときの気持ちを。
押入れの中のまっくらやみを。
プールの中で目を開けたときの様子を。
霜柱を踏んだときの感触を。
落ち葉が風に舞うときの音を。
春の森のにおいを。

なにか思い出しましたか。心の中でなにか動きましたか。

よし これで絵を見る準備はOK。
今日は、善三先生の絵をたくさん見てください。
ゆっくり じっくり 見てください。
ゆっくり じっくり 見たら、きっと何かが心に浮かぶでしょう。
あなたの心に浮かんだことは、あなただけのもの。
それは、誰かのと似ているかもしれないし、全然ちがうかもしれない。
それは、あなたの「心のひきだし」に大事にしまってあったもの。
それは、あなたがこれまで生きてきて、感じたり経験したりしたことのすべて。
ゆっくり じっくり 絵を見たとき、どの「ひきだし」が開くでしょうか。
「ひきだし」の中から出てきたものは、言葉にならないようなぼんやりした気持ちかもしれないし、ぴったりの言葉がなかなか見つからないかもしれないけれど、それをとなりの大人に話して聞かせてあげてください。
今日は何でも聞いてくれるはずです。

熊日新聞 きょうの発言vol.2

「スイッチ」 (熊本日日新聞夕刊「きょうの発言」2010年1月12日付)

 坂本善三美術館は、明治5年築の民家を本館に持つ、全館畳敷きのちょっと珍しい美術館です。足の裏に畳を感じながら見る絵画は、なぜかほかの美術館で見るよりも何となく身近に感じられるから不思議です。これまで当館では善三先生の抽象画はもちろん、アメリカのポップアートの画家アンディ・ウォーホルの作品を展示したこともあります。そんな外国の作品が畳に合うのか気がかりではありましたが、いざ展示してみると、畳の空間に意外にしっくり馴染んで、肩の力が抜けたように見えたものです。
この不思議な親近感は一体どこからくるのでしょう。その秘密は、「靴を脱ぐ」というところにあるのかもしれません。
善三美術館に来て靴を脱ぐということを、ある現代美術家は「スイッチが入る」と表現しました。つまり、靴を脱ぐことによって、「さあ、今から何かがはじまりますよ」という気持ちの切り替えスイッチが入って、これから見るものに対して心を開く準備ができるのです。
こんな心の切り替えスイッチは、意外と日常の中にも潜んでいます。子どものころ、誕生日や新年の朝が特別に新鮮で無性に光り輝いていた記憶はありませんか。何もかもが新しく感じられたあの日。大人になると切り替えることを忘れてしまいがちですが、例えば朝、玄関のドアをスイッチにして心を切り替えると、いつもの毎日が新しく見えるかもしれません。

坂本善三美術館学芸員 山下弘子

熊日新聞 きょうの発言vol.1

 今年も少しずつ終わりに近づいてまいりました。
早いものですね。

さて、今年の1月から3月にかけて、熊本日日新聞の夕刊「きょうの発言」というコーナーに、学芸員山下弘子が記事を連載させてもらう機会がありました。
その時の記事を、少しずつここでご紹介しようと思います。
以下、その記事の転載です。ご高覧いただければ幸いです。



出発点は「ゾクッ」 (熊本日日新聞夕刊「きょうの発言」2010年1月5日付)

 坂本善三美術館では、毎年小中学生を対象にした鑑賞教室を行なっています。私は子どもたちの新鮮な感想を聞けるのを楽しみにしています。
 ある中学生が善三先生の晩年の抽象作品を見たときの感想文をご紹介します。
 「真っ黒にぬってあるだけに見えるけど、よく見るといろいろな形に見えてきたりもするし、心の底から『ゾクッ』という感じがしたように思えました」
 子どものころ、化石を観察しているときにふと意識が古代へと繋がるような気持ちになったり、夜何気なく星を眺めているうちに宇宙の壮大さに気がついたりして、足元が揺らぐような感じに襲われたことはありませんか。絵を見ていても同じような気持ちになることがあります。じっくりと絵と向き合い、何かの拍子にその絵と波長が合うと、未知の茫漠たる世界をのぞいてしまった恐ろしさと、でもそこに思い切って踏み込んでみたい好奇心とが交差します。そのときの脳ミソが粟立つ感じ。これを書いた中学生は、その心の震えを体験したに違いありません。
 心の底からゾクッとする気持ち。科学者も芸術家も中学生も、出発点はきっと同じです。私たち大人が美術を前にして子どもたちにできることは、教えることではなく、その感性を引き出すこと、それをつぶさないように伸ばすこと、それだけだなといつも思います。

(坂本善三美術館 学芸員 山下弘子)

雪の一日

 小国町の昨日は、一日中とっぷりと雪の中でした。
さらさらと乾いた雪が木々の枝の先のほうまで降り積もり、
それは美しい眺めでした。

善三美術館にも一人、色白の美人マスコットガールがやってまいりました。
期間限定ですので、ぜひ会いにいらしてください。

雪子と申します雪子と申します。

アートフリマ盛況 ありがとうございました

去る4月26日、第4回zenzoアートフリマがありました。
当日は、冬が帰ってきたかのような寒さ!そんな中多数のお客様に来場いただきました。足を運んでくださった皆さん、出店してくださった皆さん、どうもありがとうございました。あまりの寒さに、皆さん体調を崩されていないか心配です。(かく言う私も、熱を出してしまいました。)

今回のフリマは、常連のお店に加えて、新しく参加されたお店が半分くらいあり、特に、地元のご年配の方々が次々に参加を申し込んでくださったことがとても嬉しく、大きな収穫でした。

また秋にやります。
アートフリマファンの皆さん、どうぞお楽しみに。
出店しようとお考えの皆さん、どうぞ作品を作りためておいてくださいませ。皆さんの力作に会えるのを楽しみにしています!

アートフリマがありました

去る10月26日(日)、第3回ZENZOアートフリマがありました。
残念なことにちょっと天気が悪かったのですが、
出店者の皆さんのご協力で、無事開催することが出来ました。
参加してくださった皆さん、来場くださった皆さん、
本当にどうもありがとうございました。



今回は、初出店の方も多く、さらにアートフリマのレベルが上がった感じ。
前回と比べて、常連の出店者の皆さんも新作を引っさげて参加していて、見ごたえたっぷりの店ぞろいでした。

こだわりの昭和のおもちゃを出しておられた方もすごかった。
われわれ昭和の子供時代をすごした者には懐かしいものがいっぱい。
感心しました。

そのほかにもガラスエッチング、銅版レリーフ、リメイクの洋服、トールペイント小物、手芸の雑貨などなど手作りこだわりがたっぷり。
ペーパースクリーン版画作家によるオリジナルTシャツやバッグなども。
ここでしか買えないと思うと、ついついあれもこれもほしくなりました。

この次はまた春に開催する予定です。
今度こそお天気に恵まれますように。
今回見逃した方はぜひ次回。
作家の皆さんも、どうか作品を作りためておいてくださいね。

友の会旅行「鹿児島の美術館めぐり」

明日は毎年恒例の、坂本善三美術館友の会主催美術鑑賞バスツアー「鹿児島の美術館めぐり」です。
長島美術館と、鹿児島市立美術館を訪ねます。
参加申込いただいた皆様ありがとうございます。
楽しい一日にいたしましょう!

納涼アートフリマ

大変楽しみにしていた納涼アートフリマですが、
よりによって当日だけの大雨・・・。
やむなく中止となったのですが、
手づくりブースを担当していた方々が集まって、
ささやかに手づくり体験をしたり、
スピリチュアルアートを体験したりしました。
屋外でゆったりビールが飲めたら・・・と思っていただけに、
また、今日が快晴なだけにとても残念なのですが、
昨日は関係者の皆さんとゆったり時間を過ごすことができて、
それはそれでいい時間でした。
岡山直之さんのワークショップ「虹めがね」

今度は秋にアートフリマ開催予定です。
次こそはぜひ!

教室ネットワーク「デジカメ入門」がありました

善三美術館で今年から新しくスタートした「教室ネットワーク」。
小国町内でさまざまな制作活動を行っている人たちを講師に迎えて、バラエティにとんだ教室が続々開かれる「教室ネットワーク」なのですが、今日はその第1弾として「デジカメ入門」がありました。

講師は、現在町民ギャラリーで写真展を開いている穴井康雄さんと、やはり地元の写真愛好家原部稔さんのお二人です。
今日は、デジタル/フィルム問わず、カメラの基本をきっちりならうことができました。絞り、シャッター速度、構図など、一人で1から知るのはなかなか大変だけど、一度は聞いてみたいポイントを、一人ひとりに丁寧に教えてもらいました。
今日はあいにくの天気で外での撮影会はできなかったのですが、写真の話をし始めると止まらない熱心な講師の方々からジックリ話を聞くことができ、楽しい教室でした。

教室ネットワークは、今後、原則として第2、第4日曜日に開催されます。
9月の予定は下記のとおり。
9月14日(日)パッチワーク入門
9月28日(日)トールペイント入門
いずれも1時〜4時を予定しています。どうぞお気軽にご参加ください。

蓬莱小学校鑑賞教室

善三美術館の鑑賞教室は、鑑賞・体験教室であるところがミソです。鑑賞した作品に関連のある制作を自分たちでも体験することによって、より美術を身近に感じてもらおうという意図です。
今回の鑑賞教室では、「坂本善三とヨーロッパの版画展」を鑑賞して、たくさんの版画作品を鑑賞しますので、自分たちでも版画の作品を制作します。版画と言っても「モノタイプ」(一点刷りの版画、一回だけの版画)です。各校グループに分かれて、協力し合って大作に取り組んでもらいました。
使う道具は、絵の具と下敷き。まず下敷きに絵の具で絵を描き、それを紙にぺたりと押し付けて絵を刷りとります。そうすると、直接描いたのではえられない、絵の具のかすれやずれなどが現れて、版画ならではの表現ができます。
蓬莱小学校の二つのグループは、「うちらの夏」「鍋ヶ滝」というテーマで取り組み、楽しい夏の風物を所狭しと描いたもの、蓬莱小学校の校区にあって近年すっかり有名になった滝を描いたものができました。
特に鍋ヶ滝の作品は、画面いっぱいに滝の落水が描かれ、重なり合った水の流れの表現も迫力満点。さすが身近なテーマを描くとリアリティが違うなと思った力作でした。
「鍋ヶ滝」の作品制作中