カテゴリータイトル画像

「柿渋座」最後のひと仕事も終了

今年6月から取り組んできた「柿渋座」。ゲストアーティストで建築家の川嵜義彦さんが「もうひと仕事終わってないのが気になって」、と最後の作業に来てくださいました。

 

 

 

 

 

できあがった貯蔵庫に、まだ取りこんでなかった柿渋樽を入れ、足場を解体して入れ、柿渋座にまつわるすべてのものを収納。最後に扉を下して任務完了!

 

 

 

川嵜さん、長いこと柿渋座を理由に美術館に関わって頂きありがとうございました。…というと、終わってしまいそうですが、参加者のみなさんにもスタッフにも、それに当館にまつわるいろんな方々にも、今年の柿渋座の取り組みが大変好評だったため、来年以降も形を変えても続けていきたい、続けていこう!ということになっています。

 

柿渋座にご参加いただいたみなさん、川嵜さん、来年もよろしくお願いします!

ゆうステーションに「小国旅カルタ」

 

小国町の道の駅「ゆうステーション」2階にて、「ワタリドリ計画」の「小国旅カルタ」原画展を開催しています(1月31日まで)。
画家・麻生知子と武内明子のユニット「ワタリドリ計画」が、小国町のあちこちを旅して出あった温泉やおいしいもの、楽しいことなどをよんだカルタです。よみ札、絵札92枚が展示されています。ぜひご覧ください。

 

 

会場内では、実際にこの「小国旅カルタ」で遊んで頂けます。カルタはゆうステーション、坂本善三美術館でお買い求めいただけます(1500円)。観光のお土産だけでなく、地元を離れたご家族への贈り物にもおすすめです。

 

 

 

ミュージアムコンサートと友の会総会

 

12月8日(土)、坂本善三美術館展示室でミュージアムコンサートを開催しました(坂本善三友の会主催)。出演は、歌とピアノのユニット「シャンテ」。
クリスマスソングやみんなが一緒に口ずさめるような歌謡曲など、素敵な歌声と美しいピアノのメロディーに包まれたひとときでした。
 

 

 

急に冷え込んだ冬の一日でしたが、町内外から多くのお客様が足を運んで下さいました。ご来場のみなさん、シャンテのみなさん、ありがとうございました。

 

 

ミュージアムコンサート終了後、会員のみなさんご参加のもと坂本善三美術館友の会総会が開かれ、昨年度の活動が報告されました。友の会のみなさんには、いつも美術館の活動にご理解とご支援いただき、大変ありがたく感謝しております。

 

2019年5月までの展示スケジュール

現在坂本善三美術館のサイトは改修中です。

2019年5月までのスケジュールについては、以下をご覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

■これからの展覧会

 

柿渋座については、こちらのサイトに詳しく紹介されていますので、ご覧ください。

 

また、当館フェイスブックでも最新情報を紹介しています。あわせてご覧ください。

 

 

 

歌とピアノのミュージアムコンサート

 

12月8日(土)、歌とピアノのミュージアムコンサートを開催します。出演は、歌とピアノのユニット「シャンテ」。誰もが口ずさめるような唱歌や童謡、歌謡曲などの美しいメロディーが会場を包みます。ファンも多い「シャンテ」のコンサート、ぜひお越し下さい。会場では12月1日から展覧会「なんでもない記念日」を開催しています。

 

とき:12月8日(土)午後2時から
ところ:坂本善三美術館展示棟
※観覧には入館料が必要です(小国町内の高校生以下は無料で入館できます)

 

多くの方のご来場をお待ちしています。

 

 

***
なお、3時からは坂本善三美術館友の会総会を予定しています。会員の皆様には総会へのご参加もよろしくお願いいたします。