カテゴリータイトル画像

「草花で染めよう」 ファミリーコース〈4回目〉

ファミリーコース〈4回目〉

 

8月27日(土)は、「草花で染めよう」の回でした。

スタッフ杉によるこの回、色んな草花で染めてみようか、土も使ってみようか・・と色々考えた結果、藍の生葉による二種類の染め方に集中することに。「叩き染め」と「絞り染め」に挑戦です。

 

はじめに「叩き染め」。

叩き染めは、葉っぱを布に挟んでトンカチで叩き、布に色を移す染め方です。

単純な染め方なので、子供たちも張り切って染めてくれました。

 

張り切りすぎて、布に小さい穴が開いてしまったりという子もいましたが、重いトンカチを小さな手で一生懸命叩き続けてくれました。

並べ方にも工夫があったり、力加減の強弱だったりと、出来上がりも様々でした。

 

 続いて「絞り染め」。

こちらは、畑の藍を茎ごとすべて刈り取ることから始めました。

ハサミをにぎった子どもたちのたくさんの手によってあっという間に収穫完了。

次は茎から葉っぱを外します。

枯れていない緑の葉っぱだけボウルに集めて・・なんだか農家の風景のよう。古民家の美術館にしっくり合います。
 

布を絞る作業では、輪ゴムとラップを使います。

布をつまんでたくさんくくったり、少しだけにしてみたり。ギュッとしたり、ゆるめてみたり・・。

ラップも一緒にくくるとどうなるかな・・・?

中には絞り染め経験者の方もおられ、布をねじって留めるという上級技も!

 藍葉をミキサーにかけ、袋で汁だけを絞り出したら、急いで布を浸します。

藍は酸化するとどんどん染着力が弱まるので、新鮮なほど良いのです。

染めた布はギュッと水気をきって、一度日に干します。太陽の力でぐっと良い色に染まります。

三回目までみんなで順繰り染められました。

ミキサーをかけていると、わらわらと子どもたちが集まって、葉っぱが小さくなっていく様子を興味津々で見つめている姿がなんともかわいかったです。

出来上がりも、家族の数だけ同じものは一つもなくて、にぎやかな模様が並びました。

 

はじめはどんよりくもり空で始まった教室でしたが、布を干す頃には良い具合にお日様も顔を出し、親子でのんびり声を掛け合いながら、良い空気の教室となりました。

 次回は9月24日(土)、上妻利弘さんによる「木で遊ぼう」の教室の予定です。お楽しみに!

ズベさん作品、置いています

9月9日からはじまるズべさんの展覧会「小国収穫祭」に向けて、小国町内のあちこちにズべさん作品を点在させる作業をしています。
「小国の自然の中に置いてほしい」というズべさんの意向を受けて、あちこちの素敵な風景の中に設置できるようスタッフで尽力しています。
鉄の提供をいただいた農業のMさんが「うちからちょっと行ったところに星を見るのにいい高台がある。眺めもそりゃあもう、すごいところよ」とおっしゃっていたことを思い出し、できれば作品を置かせてもらいたいと相談して、農作業の合間に場所を教えて頂きました。それが、この写真の場所です。

 

 


小国町を見下ろし、小国富士と言われる涌蓋山(わいたさん)も、阿蘇五岳も、一望できます。すばらしい眺めでした。
ここに、と用意された作品は、ウシをモチーフにしたものです。迷わず「絶景のウシ」と名付けられました。

 

 

 

 

*****

 

車の通りもじゃませず、写真に撮るのもよく、安定して置いておくなら、「ここがよかろう」という場所には、背の高い草が茂っていました。「ちょうど持っとった」と言ってMさんが軽トラの荷台から草刈り機を取り出して、その草をあっという間に刈り取ってくださいました。わざわざ持ってきたはずなのに、そう言わない優しいMさん。ありがとうございます。

 

胸の高さくらいの草が茂っていました

 

 

*****

 

ズべさんの今回の一連の取り組みは、今まで美術館とかかわりの少なかったいろんな町民のみなさんを巻き込んで、多くの方に助けられご協力を頂きながら、少しずつ進んでいます。Mさんも、そんなお一人です。本当にみなさんに助けられています。ありがとうございます。

「鍋ヶ滝写真展」開催中

8月9日(火)〜31(水)まで

町民ギャラリーにて「鍋ヶ滝写真展」が始まりました。
四季折々の美しい鍋ヶ滝の写真を一堂に展示しています。

 

 

町民ギャラリーは入場無料です。
この機会に、ぜひご覧ください。

 

 

併せて、ギャラリー前の畳の間では、

美術コースで制作中の風呂敷もご覧いただけます。

こちらもぜひご覧ください

 

 

ズベさんの「小国収穫祭」

ズベさんの「小国収穫祭」開催です。

 

と き:2016年9月9日ー10月30日

ところ:坂本善三美術館、小国町内各所

観覧無料です

 

 

 

 

人々と美術館をつなぐ架け橋となるような展覧会を目指してスタートした「シリーズアートの風」の第6弾として迎えた作家は、くず鉄の造形作家藤本瞰◆FK椶蓮◆崙K檄瞰△里ず鉄魂 地産地生」と題し、6月から小国町内で鉄の廃材を集めながら滞在制作を行ってきました。その集大成となる展覧会が「小国収穫祭」です。小国の家々でこれまで人々の暮らしを支えてきた様々な鉄の道具たちが新たな姿で生まれ変わりました。できた作品は、美術館を中心に小国町内各所に展示しており、その作品を探して回る「ズベさんGO」も開催。今この時にしか見られない、まさに産地採れたての作品を、美しい小国の秋の風景とともにお楽しみください。

 

 

鉄の集荷中のズベさん。みなさんたくさんご協力頂きありがとうございます。

 

 

 

町内各所に作品を点在させています。

 

 

 

美術館にも大小さまざまな作品が設置されています。

 

 

9月9日オープニングコンサート

坂本善三美術館シリーズアートの風vol.6で滞在制作中のズベさんの展覧会「小国収穫祭」が9月9日から始まります。

展覧会スタートに合わせて、オープニングコンサートを開催します。

 

 

日時:9月9日(金)午後2時から

会場:坂本善三美術館

無料でご覧いただけます

 

出演は、「ブルースボーイズ」。実はズベさんのお友達のグループです。

以前、別の美術館でズベさんの展覧会が開かれたときにもそのメンバーの方々が演奏で参加されていたそうで、居合わせた当館の学芸員いわく「ズベさんの作品と雰囲気が合ってていいな」と感じたとのことです。

 

今回は、牛のたたずむ美術館でどんな演奏を披露してくださるでしょうか。

みなさんお誘いあわせの上、どうぞお越しください。

 

************

 

ズベさんの展覧会「小国収穫祭」は、9月9日から10月30日まで、美術館はもちろん町内各地でズベさんの作品をご覧いただけます。「小国収穫祭」は観覧無料です。