カテゴリータイトル画像

11月25日(土)「こんな解釈…」クロージングトーク

11月25日(土)午後3時から展覧会「こんな解釈、ありなんだ!」クロージングトークを開催します。

 

 

 

 

坂本善三美術館コレクション・リーディングvol.2 藤浩志と小国び塾が作る善三展「こんな解釈、ありなんだ!」(11月26日日曜まで)のクロージングトークを、最終日前日の11月25日(土)午後3時から予定しています。


この展覧会を作った9組12名小国び塾メンバーによる、ギャラリートークです。収蔵品から発想しそれぞれの“アートプロジェクト”に取り組んだ、半年のあれこれを語ります。多くの方のお越しをお待ちしています。

 

とき:11月25日(土)午後3時から
ところ:坂本善三美術館展示棟
参加は無料ですが、入館料が必要です

 

※ゲストプロデューサーの藤浩志さんも参加予定でしたが、残念ながら都合がつかなくなり、参加がかなわなくなりました。楽しみにされていた皆様には大変申し訳ありません。

小学校の鑑賞教室

 

11月16日、小国小学校1年生が鑑賞教室にやってきました。9月から地元の小学校の全クラスが順番にやってきて、展覧会の鑑賞と、学年に応じた美術体験を授業2コマ分の時間で行います。1年生のこのクラスが、今年度最後のクラスでした。

 

 

小国小学校のみなさんに、今回の一番人気の展示。段ボールでできた空間の中で、おもしろいものが見られるしかけです。1年生もキャアキャア楽しんでました。

 

他の学年もそうですが、1年生も自分の感想をしっかり自分なりの言葉で発表してくれます。「どう思ったか、感想が言える人は手をあげて」と尋ねると、「はい!」とたくさん手が上がります。

 

 

 

展覧会鑑賞後は、「町民ギャラリー」で自分たちの作品が展示されている様子を鑑賞。

 

 

そのあと外に出て葉っぱを使ったしおりづくり体験です。

 

 

美術館の庭で好きな形の葉っぱを採ってきて、絵の具でスタンプ。

 

 

葉っぱに色をつけて、色紙に押し当てます。

 

 

 

かわいい1年生たちでした。また来てね!

 

くぬぎの森ワークショップ報告

くぬぎの森ワークショップ

11月11日(土)秋深まるくぬぎの森でワークショップの日。ふかふかの落ち葉を踏みしめて、子どもたちの声が森に響きました。

 

 

「おわりのはじまりへの石運び」と題したこの日、午前中に来られたお客様と形さんで、石運び・石積みという名の作品制作が行われました。(形さんのブログでも詳細がご覧いただけます。)http://kiseikeikaku.hatenadiary.jp/entry/2017/11/11/192516

お昼からは、小さい子連れのお母さん方や大人のみなさんが参加され、落ち葉を集めて焼き芋が始まりました。

 

 

 

待っている間も子ども達は、赤い実を集めてままごとをしたり、どんぐりの帽子をかぶせた指に顔を描いたりと、いくらでも遊びをみつけて走り回っていました。

 

 

 

秋晴れのこの日でしたが、山の空気はずいぶん冷たくなっていて、いつの間にか火のまわりにみんなが集まった頃、ほくほくの焼き芋ができあがりました。この季節、この場所でのなによりのご馳走でした。

 

 

 

 

*****

次回のくぬぎの森でのイベントは「クロージングトーク」です。

12月3日(日)
14:00〜15:00
櫟の森美術館・くぬぎの森にて
参加は無料です。

夏真っ盛りの8月1日から始まった「吉村形展 くぬぎの森寄生計画」が、いよいよ終わりを迎えます。冬の始まり、森の空気を吸いにぜひお越しください。

 

くぬぎの森ワークショップ

 

明日、11月11日(土)午前10時から午後3時まで「吉村形展」のワークショップを開催します。場所は小国町西里の「櫟の森美術館」周辺のくぬぎの森。これまでくぬぎの森での行事はことごとくお天気に泣かされましたが、明日こそは晴れそうです。

 

 

“森を彫刻する”形さんと一緒に軽作業を楽しんだあと、森でのおやつもあります。

参加は無料です。

ワークショップは時間内随時開催です。

 

直接櫟の森美術館へお越しください。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

問い合わせは坂本善三美術館まで。

 

11月18日(土)ミュージアムコンサート

 

11月18日(土)ミュージアムコンサートを開催します。

出演は、ピアノと歌のグループ「シャンテ」。2015年の結成以来、毎年当館のコンサートに出演いただいています。

今回も、童謡や歌謡曲など、幅広い年代に耳なじみのある曲目が予定されています。

 

 

日時:11月18日(土)午後2時から

場所:坂本善三美術館展示棟

参加は無料ですが、入館料が必要です。

 

今回は、おなじみ「シャンテ」デュオのお二人にもう一人ボーカルを迎え、3名での出演です。