カテゴリータイトル画像

「同音異‘技’画」と「ワタリドリ計画の小国旅カルタ」

7月13日(金)から「同音異‘技’画〜坂本善三の技法と表現」が始まりました。善三作品には、同じ画題を異なる技法で描いた作品があります。技法や素材の違いによる、多彩で繊細な表現をご覧ください。(会期9月17日まで)

 

 

町民ギャラリーでは「ワタリドリ計画の小国旅カルタ」展も始まりました。画家・麻生知子と武内明子のユニット「ワタリドリ計画」が、小国の見どころをカルタに詠んだものです。小国観光のヒントにご覧ください。町民ギャラリーは入場無料です。

 

 

2018年展示スケジュールはこちら

現在この坂本善三美術館HPは改修中です。

2018年のスケジュールについて最新情報の更新がなされておらず、申し訳ありません。

2018年情報については、以下をご覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

■これからの展覧会

 

柿渋座については、こちらのサイトに詳しく紹介されていますので、ご覧ください。

 

また、当館フェイスブックでも最新情報を紹介しています。あわせてご覧ください。

 

 

 

7月13日から「同音異‘技’画」展

 

現在開催中の展覧会「善三先生名言集〜言葉でたどる坂本善三」は、本日7月8日(日)までとなっております。7月9日(月)から12日(木)は展示替えのため休館致します。7月13日(金)から「同音異‘技’画〜坂本善三の技法と表現」を開催します。よろしくお願いいたします。

最近のできごと

美術館の教室やワークショップなど、最近のできごとについてはこちらをご覧ください。

https://www.facebook.com/sakamotozenzoo/

 

6月30日「ファミリーコース」オリジナルTシャツづくり

 

6月23日「ZENZOアートクラブ」

 

6月17日「柿渋座」

 

 

美術コース 〈2回目〉

6月9日(土)二回目の美術コース「染めて縫って かき渋トート」を行いました。

雨予報に挟まれながら、奇跡的に晴れ渡った青空のこの日、染めたりろう描きしたりと充実した時間となりました。

 

 

「ろうけつ染め × 柿渋染め」を選んだ方々は、まず“ろう”で模様を描きました。

 

 

書道のように自由な筆遣いで描く方や型紙を持参される方など、作り始めから個性が様々に開花していて今後が楽しみになっています。

 

 

「柿渋染め × 鉄媒染」を選んだ方々は、早速柿渋で布を染めるところから。

 

 

竹で組んだ物干しに柿渋を浸した布を干す、というシンプルな作業。

 

 

服についたら取れないのにちょうど風が吹いてしぶきを浴びてしまったり、柿渋が独特の匂い(臭い)だったりと、終始笑い声の響いた庭でした。

 

 

次回は7月7日(土)七夕の日を予定しています。
織姫彦星のためにも柿渋のためにも晴れることを祈っています。お楽しみに。