カテゴリータイトル画像

美術コース開講

5月は当館で様々な教室が始まる月です。
12日(土)は、美術コース初回の日でした。

 

 

定員10名のところ、応募多数につき15名で始まった今年の教室。3年目の染めコースです。引き続き美術館スタッフ杉が担当いたします。

一年目の筒描き、二年目の型染めと進んできたこの教室。今年は別プロジェクトの「柿渋座(柿渋を作ったり壁に塗ったりします)」に合わせて、柿渋で布を染めバッグに仕立てる内容です。

 

自己紹介に引き続き、制作に向けてデザインしたり、布や技法を選んでいただいたりと、のんびりスタート。

今回は模様をつけるために二つの技法を用意しています。
一つは「ろうけつ」。模様が白く染め抜かれます。
もう一つは「鉄媒染」。柿渋で染めた布の上から鉄の液をかけると反応してグレーが現れます。

この日はどちらも試して選んでいただきました。

 


練習した布を気に入って「ブックカバーにするわ」お持ち帰りくださった方も。
終始笑い声の絶えない教室となりました。

 

次回は6月9日(土)の開講です。
いまから楽しみです。

「善三先生名言集」展始まりました

本日5月19日より「言葉でたどる坂本善三 善三先生名言集」展が始まりました。

 

坂本善三が書き残した言葉を手掛かりに、画風の変遷をたどるとともに、人間坂本善三の姿に迫る展覧会です。

 

 

坂本善三の言葉に、例えばこんな一文があります。
「私は歯をくいしばる思いで静物に向かっていた。」
これは戦後の静物画を描いている時代を振り返って書かれた言葉です。

 

坂本善三の画風が変化していく時代ごとに遺された言葉をたどることによって、坂本善三の制作を読み解く手掛かりにするだけでなく、人間坂本善三の姿を垣間見たいと思います。

 

 

展覧会は7月8日までの開催です。
緑美しい小国町へどうぞお越しください。

展示替え休館のお知らせ

目に青葉の季節、やっとこの時期らしいさわやかなこの頃の小国町です。

多くお客さまでにぎわった「木にまつわるエトセトラ」展は明日5月13日(日)までで終了します。

 

 

5月14日(月)〜18日(金)は展示替え休館となりますので、よろしくお願いいたします。

次回展覧会「言葉でたどる坂本善三 善三先生名言集」は5月19日(土)から始まります。7月8日までです。

「柿渋座」メンバー募集

「柿渋座」メンバー募集!

 

 

善三美術館の本館は、明治5年に建てられた築140年以上になる古民家です。美術館開館とともにここに移築されて、はや23年目になります。
この古い建物の壁を、柿渋で塗るメンバーを募集します。ゲストアーティストとして建築家の“たねもしかけも”さんをお招きしてのワークショップです。参加は無料、参加できる回だけの参加でOKです。全回各自飲み物と軍手持参、初回に作るユニフォーム+汚れていい服装で。

 

 

***
第1回:ユニフォーム作り。染めてもいい服(できれば白)を持参下さい。柿渋で服を染めてユニフォームにします。

6月17日(日)午前10時〜12時

 


第2回:柿渋塗りその1。さっそく塗ってみます。

7月22日(日)午後1時〜4時

 


第3回:柿渋採り&柿渋作り。青い渋柿を採って柿渋を作ります。お弁当持参。

8月11日(土)午前10時〜午後3時

 


第4回:柿渋塗りその2。ワイワイ塗ります。

8月26日(日)午後1時〜4時

 


第5回:柿渋塗りその3。仕上げです。最後はみんなでごはんを囲みます。

9月29日(土)午前10時〜午後4時
 

 

問い合わせ、お申し込みお待ちしています。

 

mokuワークショップ「小さなテーブル作り」

4月29日、美術館の裏庭で、「moku」を講師に「小さなテーブル作りワークショップ」を開催しました。

 

 

 

 

「moku project」とは、小国町内の建具職人さんと木工職人さん2人のユニットです。 裏庭の大きな木の下にテントを広げ、作業台を置いて、事前に申し込みのあった13組の家族を迎えました。町内や隣町、熊本市内からご参加のファミリーもいらっしゃいました。

 

今回作ったのは、写真真ん中にある「小さなテーブル」です。折りたためます。

 

 

 

材料の角をカンナで取ったり、のこぎりの切り口を紙やすりでなめらかにしたり。子どもにもできるものも多く、mokuのお二人の丁寧な指導で作業を進めました。

 

 

時間もたっぷり余裕があり、慣れない手つきで作業に時間がかかっても、子どもが少々失敗しても、あせらず騒がず、ゆったりと風にふかれながら気持ちよく手を動かしました。

 

 

お昼は木陰にシートを広げて、それぞれに持参したお弁当を食べて、午後もゆるやかに作業。小さな子どもたちは作業に飽きたら庭の草っぱらで楽しそうに遊んでいました。

 

 

 

みんなのテーブルが完成したあと、最後のお楽しみは、mokuご提供の豪華景品のじゃんけん大会でした。mokuのお二人作のかわいいペン立てやカッティングボードにはじまり、おつきあいのあるレストランのお食事券や農家の採れたてアスパラも登場し、最後は仕立てのいい立派なインテリアボックスを目当てに、大人も子どもも大盛り上がりでした。

 

mokuのお二人と、mokuスタッフのみなさん、楽しいひとときをありがとうございました。